シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫6月5日の新作は、官能小説3作品、一般文芸1作品、BL小説2作品、合計6作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
先週金曜日の新着作品のご紹介が遅れておりましたm(_”_)m
改めまして、ご紹介させていただきます。

6月5日金曜日の新着作品は、官能小説3作品、一般文芸1作品、BL小説2作品、合計6作品でした!

サクリファイスⅡ 完結編6

一般文芸 / 榊音

シンディとリュリュから話を聞き出すシャルルは、五百年前を思い出し、懐かしくなる。

オカルトファンタジー、第二弾!

シャルルの自伝を描いた物語をたどりながら、シンディは家の事や抱える不安、そしてサクリファイスや錬金術について語った。彼女の言葉から、その魂がかつての記憶を残していると確信するシャルル。真実を言葉に乗せてみたが、シンディにとって「サクリファイス」は物語にすぎないのだった。
一方、リュリュの魂もまた、錬金術の呪縛に捕らわれていた。シンディとリュリュ、ふたりの言葉は、シャルルの遠い記憶を鮮やかに蘇らせるのだった……
榊音さんの長編オカルトファンタジー「サクリファイスⅡ 完結編」第6話です!!


「お尻の妖精」<第3部ストリップ編>その1

官能小説 / 川口青樹

 とうとう、美香は学園内での学園長、教頭、事務長とのプレイにより、そのお礼としてお金を得ていた事を話してしまった。
「ううう、何と言う、何と言うやつらだ。こんな年端も行かない子の、私の美香を汚しやがって。あああっ、ぐぐっ」
香川は青ざめた顔をしたかと思うと、突然倒れてしまった・・・

パパとして慕う香川の力になりたい一心から、日々通う学園の学園長や教頭、事務長の欲望に応えて金を得ていた美香。しかし、美香がその金を渡すと、香川はいつになく怖い顔で美香に迫ったのだった。学園長らとの行為を知った香川は、ショックと怒りで倒れてしまうのだった。
香川を失い、学園長らも失脚した今、美香は生きるすべをなくしていた。香川の家を出た美香が、さまよった末に辿り着いた場所は──?
川口青樹さんの長編官能「『お尻の妖精』<第3部ストリップ編>」第1話です!!


スペア 4

官能小説 / かよたかけい

樹里は再び、中ノ原と共に過ごす時間を手に入れた。
しかそそれは期限付き。
自由な時間を、そして中ノ原と側にいるひとときを手に入れる為、樹里は試験に、そして母に立ち向かう。

失うと思われた僅かな自由時間は、樹里の嘘と中ノ原の機転によって守られた。厳しい条件つきのその時間は、樹里にとってかけがえのないものであり、大きな目標ともなった。
中ノ原とともに過ごす時間を守るため、いっそう勉強に力を入れる樹里。合間に挟む小休止に中ノ原と言葉を交わす時間も、至福だった。そうして、目を見張るほどの好成績を叩きだした樹里は、もはや中ノ原への気持ちを押しとどめることができなくなるのだった──
かよたかけいさんの「スペア」第4話です!


【ノベライズ版】さいきんの妹事情 第三章(最終回)

官能小説 / SEI’s factory(瀬井隆)

「すごいよあきらの中、あったかくて気持ちいい」
「いっぱい出してお兄ちゃん。私の中に全部注ぎ込んで」
腕を伸ばしてぎゅっと兄の体を引き寄せ、美少女は訴える。
ずんずんと激しく突く肉棒が限界を超えたとき、二人は同時に達していた。
「やっとひとつになれたね……」

同人サークル「雨のにっき」様のオリジナル作品『さいきんの妹事情』を原作とする、ノベライズ(小説化)版です。原作同人誌および原作者様のプロフィールについては、こちらをご覧ください。
http://suzuame.blog.jp/

長いツインテールが似合う美少女・あきらは、お兄ちゃんが大好き!
そんな妹が自分の名を呼びながらひとりエッチしているところを目撃してしまい、兄もまた股間を熱くするのだった。愛らしい顔で甘えるようにねだる妹の、誰も触れたことにない柔肉を、兄の欲望が深く貫く。激しすぎる兄の攻めに喘ぎながら、あきらは何度もねだるのだった。
兄がすべてを注ぎ終えても、ふたりは両親が戻るまでの束の間、抱き合っていた──
瀬井隆さんのノベライズシリーズ「【ノベライズ版】さいきんの妹事情」最終話です!!


蓼食う虫も好き好き【3】

ボーイズラブ / 縹 きら

南は忘年会で不本意ながらも及川に助けられ、二人きりの帰り道で及川にもう一軒二人で飲もうと提案をされる。
即座に嫌だと断りたかったが、相手は一応クライアントなので、これも仕事のうちだと言い聞かせて及川と二人きりで飲みに行く。
プライベートな南が知りたいと嬉しそうな及川に反し、南はどんどん不機嫌になる。
仕舞いにはペースを考えずに酒を煽る及川は潰れてしまい、仕方がなしに南は自宅へ及川を招く覚悟をした。

及川の飲み直し提案を断ろうとした南は「話したいことがる」という言葉で思いとどまった。日頃、仕事の話に身が入らない及川だが、彼なりに考えていることがあるのかもしれない……そんな思いで提案を受け入れたのだが──
落ち着いた小料理屋に座るや仕事の話を始めた南を、及川は慌てた様子で止めた。彼が望んでいたのは、仕事抜きのプライベートな話だったのだ。やがて料理を食べ終える頃、及川はぐたっりと酔いつぶれていて──
縹 きらさんの爽やか好青年とクールビューティのボーイズラブ「蓼食う虫も好き好き」第3話です!


サディストなバトラー Mission Ⅲ

ボーイズラブ / Nagisa

夜の十時、朱里は弥斗を連れて秘密の扉を開いた
そこは拷問と快楽、それらの紙一重が味わえる秘密の部屋だった

桃瀬家次期当主、弥斗──幼い彼のために雇われた執事・朱里の真の役目は、他にあった。桃瀬家の当主のみが、代々受け継いできた闇。当主以外の者は決して知ることのないそれを、弥斗に伝え身体に叩きこむことが、朱里の役目。
大御所亡き今、朱里のみが知る秘密の部屋──調教部屋──に足を踏み入れた弥斗は、朱里の役目と己の運命に何を思うのか……
弥斗が出した答えは──?
Nagisaさんの調教執事ボーイズラブ「サディストなバトラー」第3話です!


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA