シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫6月2日の新作は、官能小説1作品、ロマンス小説2作品、一般文芸1作品、ラノベ1作品、BL小説1作品、合計6作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
九州地方が梅雨入りしたそうですね。
これからジメジメの季節がやってくると思うと……(;´Д`)
そうえいば、ここのところ少し雨が少なかったように思います。明日から雨模様だとか。
なんとなく、雨が降ると「お天気悪い」とか「鬱陶しい」となりますが、農作物には欠かせない天の恵み。
もちろん災害になるほどの大雨は困りますが、敬遠してばかりでなく、雨にも感謝しなくてはいけませんね^^;

それでは、本日の新着作品をご紹介いたします!
本日は、官能小説1作品、ロマンス小説2作品、一般文芸1作品、ラノベ1作品、BL小説1作品、合計6作品をお届けいたします!!

七都 1・そして平穏は終わりを(3)

ライトノベル / 桜沢麗奈

相容れない思い。別れゆく道、そして訪れる決別。

自らの犯した大きな罪を背負い立ち上がる聖羅と、一心に祈りを捧げる百合子。
選ぶ道は違えど、ふたりの願いは同じだった。大切な人々を守るために、人を傷つけることは許されるのか。それは、七都にとっても答えのない問いかけだった。迫る戦乱の渦は、それぞれの思いを、迷いと戸惑いを巻き込んでいく。
人を思えばこそ、武器を取る──たとえそれが、新たに傷つく人を生むのだとしても……
桜沢麗奈さんの長編ファンタジー「七都 1・そして平穏は終わりを」第3話です!


VIVACE~星に願いを~episode2

一般文芸 / 榊音

伝説の石の資料を手にした織之達。
先ずは、願い星と呼ばれる石を手にすべくエジプトへ向かうのだった!

世紀の大悪党VIVACEの冒険ミステリー!

悪党仲間から託された謎の資料に記された、伝説の石──
願いが叶うという一対の石のうち「願い星」と呼ばれる石を盗むため、エジプトに赴いたVIVACE一行。砂漠のど真ん中では、警備も手薄だった。それはVIVACEにとっても凝った仕掛けができないことを意味する。しかし、彼らに抜かりはない──
一方、彼らを追う警察は、いつとも知れないVIVACEの来訪を待ち構えるのだが……?
榊音さんの世紀の大悪党VIVACEシリーズ「VIVACE~星に願いを~」第2話です!!


ワーカーズ『7』

ロマンス小説 / 古葉レイ

仕事に恋に、素敵に恋愛致しましょう。そんな物語を贈ります。

頑張れ女性。頑張れ! と気持ちを込めた一作品。

ワーカーズ、七話。

どうぞご拝読下さいませ。

○抜粋○

『明日、暇?』

唐突の改修を終えて、導入を待っていた私の元に、彼の導入完了の手順書と、手書きのメモが来た。私は彼の顔をちら見する。彼は「移行完了したから確認してくれる?」と全く別の事を言った。

『はい、割と』

私はそのメモに返事を付け足した。

○○○

少しずつ、距離を縮める絵理香と藤沢。付き合っているわけではないけれど、ふたりの時間が心地いい──
その日、藤沢とプラネタリウムを楽しみ、足取り軽く帰宅した絵理香の自宅には、別れたはずの良太がいた。良太の身勝手に、絵理香の心はささくれ立つ。嫌いになったわけじゃない、勝手に出て行ったのだ。もう、終わったのだ。
かき乱され、傷つく絵理香の心に、藤沢の声が優しく響く──
古葉レイさん、恋に仕事にガンバル女性へ贈る「ワーカーズ」第7話です!


チョコと背広で水割りを 8

ロマンス小説 / あおいかずき

四月。
どういうわけか転勤となったあたしの前に現れたのは、幸か不幸かチョコレートの香りを漂わせるあのカレだった。
意識しまいと頑張るあたしに、まるで興味のない様子のカレ。
でもそんなカレが体調を崩してしまった。

ひょっとしてこれは、いやいやチャンスなんかじゃなくって、でももしかしてカミサマがまた試練をくれてるの?

醜態を晒した男と思わぬ再会をすることになった遥。
彼──栗林を意識するあまり、彼の体調不良さえ気づくことができず、責任を感じる遥だったが、相田の絶妙なフォローによって少しずつ落ち着きを取り戻す。栗林が抱えてた作業を引き継ぎ、相田とともに残業していた遥は、相田から栗林に関する意外な情報を得た。
これってもしかして……?
居ても立ってもいられず、遥は教務室を飛び出した。
あおいかずきさんのラブロマンス「チョコと背広で水割りを」第8話です!


調教進学塾 その3

官能小説 / 川口青樹

「あ、あん、ああん、そ、そこ、そこへ、もっと、もっとー、入れてー・・・」
まるでズプリと音がしたかのように、ラテックスの人差し指が、第一関節まで入っていった。
娘にとっては、初めての肛門への指挿入の感覚だった・・・

勉強もせず反抗的であった娘は、その塾へ通い始めてから一変した。成績はどんどん上がり、週末さえも特別講習に参加するという。はたして、その塾では、好成績をおさめた生徒に施す特別な「ごほうび」を与えているのだった。
特別な薬剤と催眠を用いて、彼女たちの肉体はどんどん開発されていく。やがて復学した娘は、間もなく忽然と姿を消すのだった──
川口青樹さんの本格官能「調教進学塾」第3話です!


思い出の隠れ場所 3 三話

ボーイズラブ / はるた

 博己は年上の従兄、和士に恋をしている。

和士のお見合いのため、突然母がやって来た。
「あなた、事前に言ったら絶対嫌がるでしょう?」
博己としてはお見合いは絶対反対だ。でも一緒に過ごすうちに、心配する母の気持ちもわかってしまって――。

ラーメン屋店主と大学生。従兄同士の恋愛です。
まったり続いている年の差ラブ、お付き合いいただければ幸いです。

ラーメン店を営む従兄・和士に恋する大学生・博己。
和士と暮らしたい一心で寮を出る決心をした矢先、和士に突然のお見合い話が舞い込んだ。和士を心配した彼の母親が、勝手に手配してしまったのだ。そして、和士の店に突然やってきた彼の母親。焦る博己だったが、彼女と過ごすうちに、母心もわかるような気がして──
複雑な恋心をゆったりと描く、はるたさんのBLシリーズ「思い出の隠れ場所 3」第3話です!


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA