シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫6月1日の新作は、一般文芸4作品、BL小説2作品、合計6作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
今日から6月ですね!
今年も、半分が過ぎようとしています……なんて書くと、一段と焦りがこみ上げてくるようです^^;
日に日に厳しくなる暑さに負けないよう、水分をしっかり取りながらお過ごしくださいね。

それでは、本日の新着作品をご紹介いたします!
本日は、一般文芸4作品、BL小説2作品、合計6作品をお届けいたします!

また、5月の人気作品ランキングも更新いたしました!
併せてご覧くださいませ^^

外道症候群 2

一般文芸 / 鞘いつこ

妻子を失い、悲嘆に暮れる日延宗一の前に現れたあやしが、宗一に貸し与えたという「救いの力」。それは慈愛に満ちた優しい救済とは程遠いものだった。あやしに会って話をしようと考え、数日振りに家の外に出た。あやしがいる場所は、なぜかわかった。彼の居場所まで迷わず行けた。だがその場所で、宗一は激しく乱れ狂う意識に飲まれ、凶暴化する。左手は人間の肌を失い、おぞましい化け物の鱗に変わっていた。それこそが「救い」だと、あやしは言う。

数瞬の間に、愛する妻と娘を惨殺された日延宗一。
いったい何が起こったのか。何もかも不明のまま打ちのめされる宗一の前に現れた喪服の男──あやし。彼によって「救いの力」を授けられた宗一だったが、それは穏やかな安らぎではなく、禍々しさに彩られた闇の狂気だった。
「救いの力」によって異形へと変貌する宗一。しかし彼の心は、人間の心を容易に手放すことはできないのだった──
鞘いつこさんの「外道症候群」第2話です!


綾乃さん 第二回 出会い

一般文芸 / 椿童子

昭和44年3月、高校1年生の私は母が病気で入院した時にお世話をしてくれた看護師、松田綾乃さんと親しくなった。

私の母は綾乃さんを「綾乃さんはいいお嫁さんになれるのに、病院の先生は何をしているの?」と褒めていたが、彼女に恋心を抱く私はそんなことになって欲しくはなかった。

ある時、綾乃さんが理不尽な理由で離婚に追い込まれ、その精神的なショックで窃盗という過ちを犯したことを私は綾乃さん本人から聞かされた。そして、憤る私を彼女は「大人になると嫌なことも経験する」と諭してくれた。

綾乃さんはみんなに慕われたが、それをねたむ者に過ちを犯したことを告げ口され、病院を辞めざるを得なくなった。綾乃さんは私に「頑張ってね」と言葉を残し、去っていった。

高校一年生。幼さの残る少年にとって、優しく聡明な大人の女性はこの上なく魅力的な存在だった。
母親の入院で世話になった看護師・綾乃さんとの再会は、偶然だった。突然の雨で雨宿りした場所が彼女の住むマンションだったのだ。やがて親しくなり、恋心が芽生えるまでに時間はかからなかった。辛い出来事さえも乗り越えてきた彼女への思いは募るばかり。しかし、綾乃さんは少年の前から去っていくのだった。
椿童子さん「綾乃さん」第2話です!!


– アイサイ – エピローグ

一般文芸 / 木村 伸也

全てが終わり──偽りの生活は崩れ去った──。

残された者は────?

美しい妻にかわいい息子。理想的な家庭には、陰惨な謎が隠されていた──
記憶を失い、幸福な家庭を甘受する男は、やがて妻の隙をついて狂気に塗り込められた謎を目の当たりにする。失った記憶、朦朧とする意識、鏡のない部屋、鍵のかかった風呂の向こう側……地下に散乱するう腐乱死体──
いったい、何が起こっていたのか?
木村 伸也さんの「- アイサイ -」狂気が生んだ謎……衝撃の最終話!


cat ~その想い~ 9

一般文芸 / 時御 翔

 三日後、杏那の葬式に岱馳も参列した。胸の中が空っぽになった岱馳は、この場にいることへとの憤りと空虚感に支配されている。
そんなとき、参列する女性たちからの視線に違和感を覚える。どういうわけか、岱馳のことを見ているのだ。そして、不可思議にも杏那の同年代の男性がひとりもいない。女性ばかりだと気づいた。
居心地の悪さと、女性たちの視線に疎外感を抱かずにはいられない。
女性たちは「ありがとう」というのだ。感謝される覚えもない。なのにその感謝の言葉の意はなにが含まれているのか、疑念がよぎる。
岱馳の同僚たちが遅れて現れた。すると、柴田 明日香が岱馳へ礼をする女性たちのところへいき、事情を伺う。
すると杏那のしらなかった顔をしった。それはあまりにもしらなすぎた。岱馳はどことなく切なく、それでいてなにもしらなかったことに落胆さえする。

彼女は人望もあり、周囲の女子から信頼されていた。しかし、恋愛感だけは奥手だった。あまり興味を示さないようだ。見かねた友人が、一人の男子を紹介した。
純愛な恋愛だったその恋は、悲恋となる運命が見えているのにも関わらず、杏那は一途だった。

杏那の将来は、可能性のある夢があった。その夢が今もまだ生きていたのか、それとも放棄したのか、岱馳と出会ったとき、それは不明だった。ただしらなかったのだ。しかし、その答えがわからないまま杏那は亡くなってしまった。それだけでも岱馳は、なにひとつ杏那のことをしらないのだと思った。

杏那の知られざる過去が、現在に影響を及ぼしていた事実をしった岱馳。それは意外にも彼の運命を変えることになる。

想いが通じ合い、付き合い始めた岱馳と杏那。幸せの最中、これから未来を語ろうという矢先に、杏那はこの世を去った。ひき逃げだった。突然の出来事に、茫然自失となる岱馳だったが、杏那の葬儀の場で、意外なことに気がつくのだった。そうして、初めて目の当たりにする杏那の姿。岱馳の知らない杏那が、そこにはいたのだった。
岱馳は、杏那の過去と心に触れる──
時御翔さんの「cat ~その想い~」第9話です!!


蓼食う虫も好き好き【2】

ボーイズラブ / 縹 きら

忘年会へ参加するように。
所長の命令に逆らえず、大嫌いな及川隼人との苦痛な飲み会が始まった。
人懐っこい及川の笑顔に、ますます嫌悪感を抱く南。
それでも及川はめげずに南の後ろを追いかける。

税理士の南は、担当取り引き先の及川隼人が大嫌いだった。
誰とも爽やかに話す、絵に描いたような好青年。その姿を見ていると、コンプレックスを抉られるような気分になるのだった。それなのに、所長命令で参加することになった、及川の忘年会。多忙を極める時期でもあり、一分一秒でも早く帰りたい──そんな南の気持ちを知らず、隼人は南に話しかけるのだが──
縹 きらさんの「蓼食う虫も好き好き」第2話です!!


サディストなバトラー Mission Ⅰ

ボーイズラブ / Nagisa

執事派遣組合に登録している腕利きの執事:朱里は、10歳の子供の執事になる
それは新しい主の祖父からの指示なのだが…

執事×主人の調教BL

執事をランク別に管理・統括する執事派遣組合。その中でも最高ランクに登録されているのは、選りすぐりの7名だった。そして、朱里はそんなトップ執事たちのうちの、ひとりだ。
自らの仕事ぶりに多大な自信を持つ朱里だったが、次のご主人様は、なんと10歳の少年だという。それって、執事というより子守りなんじゃないの──?
Nagisaさんの新連載!「サディストなバトラー」がスタートしました!!


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA