シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫5月21日の新作は、ロマンス小説3作品、ライトノベ1作品、BL小説2作品、合計6作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。

本日は、新しい作家さん「縹 きら」さんをお迎えいたしました!
ぜひぜひチェックしてくださいね!

というわけで、本日の新着作品をご紹介いたします!
本日は、ロマンス小説3作品、ライトノベ1作品、BL小説2作品、合計6作品をお届けいたします。
ロマンスが3作品というのは、幻創としてはちょっと珍しいですね。ぜひチェックしてみてください^^

七都 1・太陽の羽化(7)

ライトノベル / 桜沢麗奈

通じ合う心。穏やかで優しい恋の始まり。あなたといっしょにいたいな。それははじめて生まれた気持ち。

簡単には人に懐かない桜が七都に心を許すには、理由があった。群青からその事実を聞かされた聖羅は、七都と桜の絆に納得するのだった。
桜の背から見る風景に魅せられた七都は、もっと遠くまで行ってみたいという。群青が手綱を引いて、七都を乗せた桜とともに森を歩いた。とりとめのない話をしながら、小川沿いをゆっくりと歩く。穏やかで優しい時間がふたりを包み込む──
桜沢麗奈さんの長編ファンタジーシリーズ「七都 1・太陽の羽化」第7話です!!


ゆらぎの2人(2)魚の流線

ロマンス小説 / takao

 大学生の春告(ハルツグ)が金曜三限の授業の時に、何故か気になり見つめてしまっていた名前も知らない「彼女」。
アルバイト先のコンビニに彼女が偶然、客としてやって来た数日後、春告の所属する学部で飼っている魚の水槽に見入っている彼女を見付けた。

ただ見つめているだけでよかったのに。
どうしてだろうか。自分の方を向いて欲しくて。

春告が思い切って彼女に声をかけると――。

金曜三限。講義室で見る、名前も知らない彼女。ただ見つめるだけでいいと思っていた彼女が、研究室の水槽の前にいた──
ぎこちなく交わされる言葉。見つめるだけだった彼女を身近に感じて、春告は気の利いた言葉を探すものの、上手くいかなかった。けれど、ぽつりぽつりと交わす言葉が心地いい。
お互いの名前さえ、ようやくといった様子で知る。そんな、浮き立つような緊張感。
淡い恋の始まりを、揺らぐ水面が照らしていた──
takaoさんの「ゆらぎの2人」第2話です!


チョコと背広で水割りを 5

ロマンス小説 / あおいかずき

四月。
どういうわけか転勤となったあたしの前に現れたのは、幸か不幸かチョコレートの香りを漂わせるあのカレだった。
意識しまいと頑張るあたしに、まるで興味のない様子のカレ。

そのそっけなさに、だんだんあたしは焦れてきて……。

彼氏にフレられ自棄酒の果ての失態。そんな記憶をかき消そうと仕事に集中する遥に降りかかる、突然の異動辞令。
専門学校講師として引き継ぎ作業に明け暮れ、慌ただしく次の配属先に初出勤すると、そこにはあの夜の三人組がいた……。たった一夜、行きずりの出会い──のはずが、なんという偶然。
逃げ出すわけにもいかず、引きつる顔で必死に笑顔をつくり平静を装う遥だったが──
あおいかずきさんの「チョコと背広で水割りを」第5話です!


ワーカーズ『4』

ロマンス小説 / 古葉レイ

仕事に恋に、素敵に恋愛致しましょう。そんな物語を贈ります。

頑張れ女性。頑張れ! と気持ちを込めた一作品。

ワーカーズ、四話。

どうぞご拝読下さいませ。

○抜粋○

「いいんですか?」

給湯室で、私は藤沢さんに詰め寄りながらそう問うた。

「何が?」
「私が行ってもいいんですか? お客さんのところに」

私の詰め寄りに、藤沢さんは軽い笑みを浮かばせている。会社の廊下で語るこのやりとりは、些細だけれど大切だった。私の勘違いだったら恥ずかしい。だって彼は、私に客先へ行っても良いと認めてくれたのだ。

資料見てから、という条件付きだけれど。

「問題ない」

私の確認に藤沢さんは大きく頷いてくれた。その目は優しくて、思わず抱き付きたいくらいだった。

○○○

課長から取引先への同行を促されながらも、教育係の藤沢によってストップされてしまった絵里香。悔し泣きする彼女の前に現れた藤沢は、取引先の資料を絵里香に突きつけ、訪問前に目を通すように言った。それは、彼流の優しさなのだった。
資料を頭に叩き込んで迎えた、訪問当日。
同行するはずだった藤沢が行けなくなり課長とふたりで取引先へ向かった絵里香だったが、予期せぬトラブルが起こってしまい……
古葉レイさんの「ワーカーズ」第4話です!!


蓼食う虫も好き好き【1】

ボーイズラブ / 縹 きら

 税理士として多忙を極めている南夏樹にはどうしても好きになれない客が一人いた。
彼と話していると自分のセクシャリティー、虐めの対象になるような性格、すべてをまざまざと見せつけられ、劣等感ばかりがつのる。
けれど彼は頑なな南にお構いなしで笑顔を向ける。
ある日彼に好きだと告げられ、南の年下の彼に振り回される日々が始まる。

仕事の話はそっちのけでのらりくらりと世間話を続け、くったくのない笑顔で愛想を振りまく──絵に描いたような好青年である彼の、偽りのない姿なのだとわかる。だからこそ、南は彼のことが好きになれないのだ。無邪気な笑顔が眩しいほど、子どもじみた嫉妬が募る──真面目で融通の聞かない税理士・南と、快活で真っ直ぐ正直なバイク修理工場社長息子・及川の、ちょっと不器用なラブストーリー
幻創初掲載・縹 きらさんの「蓼食う虫も好き好き」第1話です!!


Risky Game~中東編~ 1. 新たなる第一歩

ボーイズラブ / 江原 里奈

香港の空港に、ルイ・ロベール・ド・フェビアンの姿があった。
恋人であるガイエスブルグ皇太子の命を護るため、彼はイングランド銀行における安寧の地位を捨てて、この地へ降り立ったのだ。

世界的大富豪であるロスフィールド。
アルトゥールの命を付け狙う彼と対峙するため、ルイはガイエスブルグ国内の金山開発の商談を材料に彼に近付く。

「Risky Game」の舞台はヨーロッパから中東へ…
今、巨大な敵を相手にしたルイの孤独な戦いが幕を開ける───

イングランド銀行の敏腕ディーラーであったルイは、投資顧問としてバルセロナの富豪カスチリオーネ家に招かれたことをきっかけに、恋人であるガイエスブルグ皇太子・アルトゥールに迫る危機を知ることになった。
銀行員としての平穏な生活を捨て、香港に降り立ったルイは、旅に疲れた身体を休める暇もなく、アメリカの大富豪ロスフィールドと対峙しようとしていた──
江原 里奈さんのBL長編シリーズ「Risky Game~中東編~」第1話です!!


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA