シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫5月1日の新作は、官能小説2作品、ロマンス小説1作品、一般文芸3作品、合計6作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
昨日は諸事情によりブログの更新ができませんでした。
一日遅れとなりますが、昨日の新着作品をご紹介いたします!

なお、幻創文庫の次の更新は、7日(木)からとなります。

さて、昨日の新着作品は、官能小説2作品、ロマンス小説1作品、一般文芸3作品、合計6作品です!

モモヨ文具店 開店中 ~マスキングテープマダム~

一般文芸 / 三日月 理音

今回のお客さんは、とってもわがままなおばあちゃん。そのおばあちゃんは、うちで何度も大量に文具を買っていくんだけど、どうやら月世野のほとんどのお店でやってるみたい。お金持ちの暇つぶしのようだけど、わたしの目の黒いうちはそんなことさせません!
『マスキングテープマダム』開店します。

「御用聞きしてくださる?」
静かなモモヨ文具店にその日やってきたのは、凄みのある色気を持った老婦人だった。手渡されたリストに書かれた文具たちを、釈然としないまま届ける百代さん。老婦人は次々と大量の文具を運ばせるのだが、百代さんの心中はささくれるばかりだった。
どうやら、あちらこちらのお店で散財を繰り返しているようで──?
三日月理音さんのほっこりハートフルストーリー「モモヨ文具店 開店中」第8話は、お金持ち未亡人のわがままと戦う百代さん「マスキングテープマダム」です!


– アイサイ – 第5章

一般文芸 / 木村 伸也

 美人で若い妻と可愛い息子に囲まれ過ごす幸せの日々──。

だが男は静かに動き出す。
此処が何処で、自分が誰なのかを知る為に──!

気づくと、全身傷だらけになっていて、記憶を失っていた──
美しい妻と可愛い息子に囲まれる、理想的な家庭。しかし、その生活ぶりには違和感が募るばかりだった。連日飲まされる薬も、どこか怪しい。朦朧としていた意識が次第に晴れてきた男は、不可解なものたちをひとつずつ確かめ始めるのだった。
断片的に浮上する記憶と恐怖。全身に広がる鈍痛。鏡のない家。前進するごとに生まれる謎──
木村 伸也さんの「- アイサイ -」第5話です!!


サクリファイスⅡ 完結編1

一般文芸 / 榊音

クロニクル篇から、現代へ。
現代のシャルルは、昔と随分違う平和で退屈な毎日を過ごしていた。

オカルトファンタジー第二弾!!

売れない作家に、自らの不思議な物語を語り聞かせたシャルルは、本の出版を待たずに、かつてロザリーナと暮らした場所に舞い戻っていた。二百年前に幸せな時を過ごした邸はすでになく、アパートに建て替わっていた。それでもシャルルは、ロザリーナの帰りを信じて待つことにしたのだった。
現代においても、シャルルの容姿は人を惹きつけたが、彼は静かで退屈な日々を過ごしていた──
榊音さんのオカルトファンタジーシリーズ「サクリファイス」の新章「完結編」開幕!!


チョコと背広で水割りを 1

ロマンス小説 / あおいかずき

三月。
まだ夜風が肌にしみる頃、あたしは長年付き合った男に振られた。

そんな駅前のバーで自棄酒をあおり愚痴を垂れ流すあたしの前に現れたのは、ちょっとしたフェチ心をくすぐるスーツ姿のカレだった。
おいしそうなスーツのラインに、振られたばかりだというのにあたしの喉はごくりと鳴って……

医療福祉の専門学校に勤める遥は、長年付き合っていた彼氏にフラれた。
27歳直前──適齢期まっただ中の、出来事だった。
仕事に忙殺されながら、女としての身だしなみにも気を使い、必死に駆け抜けてきた結果が、これだった。
自棄酒を煽り、おぼつかない足取りで二軒目を目指す遥の前に現れたのは、完璧なバランスのスーツ男子の、尻。いくら魅力的な尻だからって、見知らぬ男の尻を触るなんてイケナイ。
わずかに残った理性が遥を押しとどめ……る?
あおいかずきさんの新シリーズ「チョコと背広で水割りを」がスタート!!


【ノベライズ版】ぱい☆リラ 第一章

官能小説 / SEI’s factory(瀬井隆)

学校帰りにきゃあきゃあと街を歩いている三人の女子校生。
中でも茶髪の美少女・彩奈の巨乳ぶりは、道行く男たちの注目を集めていた。
バイトに行くという友人と別れた彼女は、オープン価格に惹かれてマッサージ店へ。
何しろ歩くたびに胸が揺れて、肩が凝って仕方ないのだ。
二人の施術士から肩や腰を揉みほぐされて夢心地の彩奈。
だが、次第に男たちの手は敏感なところにも伸びてくる。
(え、嘘でしょ? そんなところまで?)
やがて為すがままに揉まれている彩奈の股間が、甘い吐息がじっとりと湿ってきた。
(やだ、私ったら、濡らしてる……?)

同人サークルZ-FRONT様のオリジナル同人作品『ぱい☆リラ』のノベライズ(小説化)版です。原作同人誌およびZ-FRONT様のプロフィールについては、こちらをご覧ください。
http://kagato.cafemix.jp/

茶髪ロングの愛らしい顔立ち。清純でおとなしそうな美少女。しかし、その胸は男どもの視線を釘付けにして余りあるほどの巨乳であった。
歩くたびにゆっさゆっさと揺れる様子は、圧巻である。羨む友人たちに反して、彩奈にとっては重い荷物のようなものだった。巨乳による慢性的な肩こりに悩まされる彩奈は、偶然通りかかったマッサージ店に入ってみるのだが……!?
瀬井隆さん、ペンネームを「SEI’s factory」にあらため、ノベライズシリーズ「【ノベライズ版】ぱい☆リラ 第一章」をスタート!


「お尻の妖精」<第2部アナルバイト編> その4

官能小説 / 川口青樹

「よし、じゃあ、そのままオシッコをしてごらん」
「えっ、このままするのー」
「そうさ、美香ちゃんがお漏らしをする所を見たいんだ」
「いやー、恥ずかしいー。美香こんなことしたことないもん」
「だからさ、見てみたいんだ。それとも今日はお金が欲しくないのかい」

事務長の部屋に入った美香は、パンティを手渡された。イチゴのマークがついた、可愛らしいものだった。香川のところへきて以来、下着をつけない生活に慣れていた美香にとって、パンティは久しぶりだった。
事務長に導かれてバスルームに入ると、着ていたワンピースを脱がされ、美香にとって初めてのことを要求されたのだった。
やがて事務長とのプレイを終えると、そこへ学園長から電話がかかってきた──
川口青樹さんの本格官能シリーズ「『お尻の妖精』<第2部アナルバイト編> 」第4話です!!


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA