シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫4月15日の新作は、一般文芸2作品、BL小説2作品、合計4作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
今日は雨こそ降らないものの、ものすごく強い風が吹いていました。
ビルとビルの間では、突然風の強さや向きが変わるので、危ないですね。
ヒョウが降ったところもあるとか。
変わりやすいお天気が続くようですので、お出かけの際は天気予報のご確認を^^

さて、それでは本日の新着作品をご紹介いたします!
本日は、一般文芸2作品、BL小説2作品、合計4作品をお届けいたします!!

画期的な目覚まし

一般文芸 / 田中 大也

まだ経験が浅く、仕事でも結果が残せていなかった若者は、些細な遅刻を理由に、社長に感情のはけ口として叱り飛ばされ、研究チームからも外されてしまう。

社長から「目覚まし時計の特許でも取ってみろ」と皮肉を飛ばされたことで発奮し、いっそのこと新しい目覚まし時計を開発してやろうと意気込む若者だったが、元々の仕組みが単純なこともあり、かえって新機軸の発明を生み出すことは難しかった。

だが若者は、偶然見た夢をきっかけに、新たな目覚ましを作ることができ……?

威圧的に叱責する社長の前で、若者は縮み上がっていた。原因は、些細な遅刻だった。それはまさに、パワハラであった。
無理難題を押し付けられた若者は、途方に暮れながらも諦めなかった。夢見る研究を続けるため、難題を乗り越えてやろうと考えたのだ。
特許が取れるほど斬新な目覚まし時計。アイデアをひねり出す若者に、ひらめきが舞い降りた。
さっそく、発明した目覚まし時計の効果を確かめる若者だったが──
田中大也さんのウィットが効いた読み切り「画期的な目覚まし」です!


金にまみれる男 5

一般文芸 / 時御 翔

 籤稿と踏子は意を決してこれまでの高価な物品を買い取りするため、”SHADOW BRAIN・HIKAGE“へ出向く。
13点もの物品を30万円で買取を承諾。これが最後の現金となる。
緋影には、とてもよい判断をされている、といった。それは、金を選んだ判断ではなく、愛のためにふたりの幸福を選んだ。

緋影の真の能力は、鑑定する持ち主の品を、首からさげているネックレスのトップペンダントのウレキサイトの石に触れると、その客の事情を見透かしてしまう。
これを”ハートスキャン”と呼ぶことにした。
そして、ふたりの未来に祝辞を捧げるために、ひとつチャンスを与えることを緋影は話しきかせる。
が、そのまえに武条の名が出たとき、緋影の顔色が変わった。

物語は中盤。多くの人間が金か、欲か、愛か、どれをいちばんに掴むことで幸福になれるか、籤稿に緋影が助言する。そしてひとつのチャンスを与える。その見返りに不安を取り除くことを約束する。

女に貢ぐため借金を重ねた籤稿(クジワラ)は、ついに生活に行き詰まるところまでになっていた。それを知った女・踏子は、籤稿を立ち直らせるため、受け取ったプランド品の数々を手放す決意をするのだった。
池袋に降り立ったふたりは、”SHADOW BRAIN・HIKAGE“へと足を向けた。立ち直ろうとする籤稿に、緋影はチャンスを与えようという。果たして、籤稿の決断は……?
そして、ふたりの愛は実を結ぶことができるのか──
時御 翔さんの「金にまみれる男」第5話です!!


砂糖菓子を、ちょうだい。

ボーイズラブ / 桐谷 駿

夕暮れは、これから落ちる闇を思わせる。

重い足を引きずりながら職場の美容室に出勤した雅也。
今日も家には帰りたくなかったが、荷物を置き去りにしたままなので、どうしたものか考えあぐねている。
独りの店内が侘しくて、しかし帰ろうと思える場所もなく佇む雅也。そんな時、背後から自分を呼ぶ声がして……。

年上の温和な眼鏡男子(?)と、飲んだくれだけど美形の美容師、そしてそのヤンデレ同居人(♂)の三角関係を描いてゆきます。

今回はとうとう、3人目の登場です。

ある日、酔っ払って雪の中に転がっていた美形美容師・雅也は、温和な眼鏡男子・唐沢に拾われた。
翌朝、いつもどおり出勤した雅也だったが、実は、家に帰りたくない理由があったのだ。
とはいえ、着替えさえ持たずに出てきてしまったのだ。その夜にも、一旦は戻らなければならない。憂鬱だった。なんとか帰宅する時間をのばそうと試みるも、うまくいかない。
諦めて店を出ようとした時、帰りたくない理由・同居人がそこにいた──
桐谷 駿さんのBL連載「砂糖菓子を、ちょうだい。」第2話です!!


コドモのいぬ間に××× 番外編集

ボーイズラブ / Nagisa

番外5作品をまとめたものです
コドモのいぬ間に~の番外編というよりは、×××シリーズ全体の番外編集よりです
BL色が強いものも中にはあると思いますが、基本、ほのぼのとしているかと思います
BL苦手な方は自己の判断で無理だと感じましたら引き返してください

同人イベントで奮闘する薫風の話
暑中お見舞い編の夏川バージョンと薫風バージョン
定番のクリスマスネタ
ホワイトデーネタの5作品です

ごくフツーの図書館司書でありながら、恋人・夏川が制作する人気BLゲームキャラクターのイメージモデルである薫風。迂余曲折、波瀾万丈の末、身も心も通じ合うふたりだったが……。
一般常識からズレた夏川の傍らで、薫風は今日も奮闘するのだった──
嫌よ嫌よも好きのうち!?
同人イベントに引っ張りだされて奮闘したかと思えば、察しの良すぎる子供たちに背中を押されたり……
Nagisaさんの長編ラブコメ3部作「×××」シリーズの番外編を5本立て!!


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA