シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫4月10日の新作は、官能小説3作品、一般文芸2作品、合計5作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
あっと言う間に週末〜〜〜!
今週は、各地で入学式がたくさんあったようですね。
子供も大人も、新しい日常に、わくわくしたり緊張したり、忙しかったのではないかと思います。
週末にはしっかり身体を休めておきたいですね。

さて、それでは本日新着作品をご紹介いたします!
本日は、官能小説3作品、一般文芸2作品、合計5作品をお届けいたします!

サクリファイス クロニクル編26

一般文芸 / 榊音

300年振りに迎えたエイハブとの決戦。
そこで、伝承と称したサクリファイスの本当の意味を知る。
それは、全ての絆に亀裂を入れる残酷な真実だった。

サクリファイスと呼ばれる怪物を描いた、ゴシックダークオカルトファンタジー!

アーロンとカサンドラの会見後、カサンドラ隊ではエイハブ率いる反対勢力がいよいよ表面化した。
一方、アーロンはシャルルに、ロザリーナとクレメンティーナ、そして邸を守るよう指示したのだった。しかし、それも長くは続かない。エイハブが、サクリファイスにとって劇薬となる聖なる泉の水を携え、やってきたのだった。
ロザリーナとクレメンティーナを守るようにその場にとどまったシャルルは、エイハブからサクリファイスの本当の意味を聞かされる。それは、シャルルにとってあまりにも残酷な真実だった──
榊音さんの長編ファンターシリーズ「サクリファイス クロニクル編」第26話です!


道 第二回 絵の好きな高校生

一般文芸 / 椿童子

平成15年5月、プロの画家であり、絵画教室も営む山本啓子は久しぶりに美容院に出掛けた。そこで才能豊かな高校生の浅野雄介を見出した。

「うちに通わせて」と誘う啓子だが、浅野雄介を預かる伯母の美恵子は勉強が疎かになってはと躊躇うが、雄介の絵を見て、啓子の絵画教室に通うことを許す。

雄介は期待に胸を膨らませ、絵の勉強に通い始めるのだった。

画家である山本啓子は、美容院のそばで、スケッチを描く少年に出会った。その手元をのぞき見た啓子は、一瞬のうちに豊かな才能を見たのだった。
少年は、美容師の恵美子の甥だった。
絵画教室も営む啓子は、少年の才能を惜しみ、教室へ通うよう薦めるのだが、恵美子は絵画よりも勉強をさせたいと渋る。しかし、甥の絵を見た恵美子は、どうしても好きなら、と絵画教室へ通うことをゆるしたのだった──
椿童子さんの「道」第2話です!


主夫になった男(9)

官能小説 / 真田リョウ

 ちょっとした予定が入り、俺と松田さんを家に残したまま出掛けてしまった江藤さん。不意に二人きりになった状況で、やはり松田さんは俺を相手にエッチな行為を求めてきた。江藤さんの家のキッチンで、松田さんにリードされながら淫らな行為を続けていく。人の家で行う淫らな行為に興奮していると、そこに、用事を済ませた江藤さんが戻ってきて……

主夫である吉川は、ご近所の奥様・江藤さんと仲良くなり、松田さんとは淫らな行為をする仲となっていた。
江藤さんの家で松田さんとイヤラシイ行為に興奮する吉川だったが、家人の江藤さんが帰ってきて……
なんとかバレずにすんだものの、不自然に江川宅にとどまることになってしまった吉川は、こっそり脱出することを目論む。しかし、リビングをそっと覗いた吉川の目に飛び込んできたのは、驚きの光景だった──
真田リョウさん、主夫と人妻たちのイケナイ関係を描く「主夫になった男」第9話です!!


犬○椛レイヤー美少女・濃厚体液調教SEX(4)

官能小説 / 瀬井隆

僕の肉棒をじゅるじゅると舐めていた椛ちゃんは、さらに下へと顔をずらした。
皺だらけの袋に舌を這わせ、美味しそうにれろれろとしゃぶる。
美少女の口の中で玉を転がされ、僕は思わず「うう」と呻いた。
さらにその下。
ちんぐり返りになった僕の排泄の穴に、この娘は楽しそうに舌を伸ばしてくるのだ。
「ああ、舌先が入ってくるよ」
たまらない快感に声が漏れてしまう僕に、美少女レイヤーは小悪魔のように笑う。
「ふふ。お尻の穴、美味しい」

同人サークル「アキバ出版」様の映像作品「ガチ催眠045 唾液ごっくんハメ潮失禁&汗だくザーメンどろどろ4連射体液漬け尻穴ドリル舐め奉仕M牝」を原作とした連載ノベライズ作品です。原作については同人アキバ出版さまのサイト(http://akibapub.blog.fc2.com/)をご覧ください。

白く若々しい肌に張り付くような極小黒ビキニに、擬似尻尾。
犬○椛のコスプレをした美少女は、カメラを持つ男の股間に顔をうずめ、美味しそうにしゃぶり続けていた。竿のみならず、袋も、その先にある尻穴までをベロベロとなめしゃぶる。男は、たまらず情けない喘ぎ声を漏らすのだった。
挿入を待たず、危うく射精してしまいそうになるほど、美少女の舌技は官能を煽る。
散々に舐め尽くされ、ようやく男が責める番となるのだった──
瀬井隆さんの映像作品ノベライズシリーズ「犬○椛レイヤー美少女・濃厚体液調教SEX」第4話です!!


「お尻の妖精」<第2部アナルバイト編> その1

官能小説 / 川口青樹

 美香は、椅子に座った老人の皺だらけの背中に回ると、自分の体にボディシャンプーを塗りたくって泡だらけにした。
そして泡に包まれた乳房を押し付け撫でまわした。
「おおっ、うーむ」

施設から香川に引き取られた美香は、香川のライフスタイルにすっかり馴染み、素直な信頼と好意を寄せるまでになっていた。
まるで恋人のように過ごすふたりだったが、ある日香川は、美香に学習の必要を訴えた。香川から離れたくない美香が学校に行くことを嫌がると、香川は信頼する自分の友人に相談しようと思い立つ。
さっそく香川の友人が招かれ、美香はお披露目された。
はじめて香川意外の男性のにすべてをさらけ出すことになった美香は──
川口青樹さんのSM官能「お尻の妖精」シリーズ、「第2部アナルバイト編」第1話です!!


以上、5作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA