シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫3月25日の新作は、官能小説1作品、ロマンス小説1作品、ライトノベル1作品、BL小説1作品、合計4作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
今日、ランチタイムに通りを歩いていましたら、上着を持たずワイシャツのみで歩く男性が……!
さ、寒い……見ているだけで肩がすぼまりそうでした。
この季節は、うっかり洋服選びに失敗すると困ったことになりますね。
桜の開花前線とともに、天気予報の気温もチェックしましょう〜。
明日からはまた暖かくなるそうですよ^^

さて、それでは本日の新着作品をご紹介いたします。
本日は、官能小説1作品、ロマンス小説1作品、ライトノベル1作品、BL小説1作品、合計4作品をお届けいたします!

ひねくれ俺たちの青春シャウト 2

ライトノベル / 白木原怜次

最低のスタートを切ってしまった澤崎。しかしそこに差し込んできたのが、サークルという希望の光だった。

物語の根幹となるサークルとの出会いに、澤崎は大袈裟過ぎる覚悟で出陣する――。

大学デビューを果たすべく鼻息も荒くスタートを切った澤崎玖炉の前には、早くも暗雲が立ち込めようとしていた。
しかし、まだ諦めるには早い。
授業が始まるその日、澤崎はバッチリ気合をいれて玄関の扉を開くとそこには──前日出会った、あの中学生……にしか見えない大学一年の夢見光が立っていた。朝から前途多難である。
大学生活初日からテンションだだ下がりの澤崎だったが、廊下に掲示されたサークルの新入生募集ポスターに新たな希望を見出すのだった──

白木原怜次さんの「ひねくれ俺たちの青春シャウト」第2話です!


重ねる器と重なる躰 品川丼(展示鑑賞編)

ロマンス小説 / 松代守弘

女性フォトグラファーの本番撮影に出演した俺は、彼女の作品を展示するギャラリーへ向かう。そこで、ふとしたことから再び女性フォトグラファーのモデルをやることに……。

絡み撮影から半年ほど経ったころ、撮影に協力した女性フォトグラファーから作品展の知らせを受け取り、男はギャラリーへ向かう。
展示の内容は、よくも悪くも男の趣味とは方向を異にするものだった。男はいくらか言葉を交わしてギャラリーを後にするが、女性フォトグラファーは男を追って出てきた。
そこで、男はふたたびモデルとして協力することになるのだった──
松代守弘さんの「重ねる器と重なる躰」シリーズから「品川丼(展示鑑賞編)」です!
アーティスティックな情景も魅力です!!


主夫になった男(7)

官能小説 / 真田リョウ

 ベランダからこちらを覗くお隣の奥さんに俺たちのセックスを見せつけていた俺たち。視界を遮られた俺は、彼女の放つ言葉に興奮を覚えていた。そんな中、松田さんはお隣のベランダにいるお隣の奥さんに、こちらに来るように誘うような電話を掛けたのだが……。

ご近所の奥さん・松田さんの強引な誘いでイヤラシイ行為に及んだ上、お隣さんにも痴態を見せつけることになった俺。
興奮を高める俺の前で、松田さんはお隣の奥さんをも仲間に引き込んでしまった。
アイマスクで視界を遮られた俺は周囲の気配と音から状況を読み取るほかなかったが、昼間の淫行に人妻がもうひとり加わり、さらに熱を帯びていくのだった──
真田リョウさんの官能シリーズ「主夫になった男」第7話です!


Shadow

ボーイズラブ / Nagisa

殴られて気が付くと、目の前で見知らぬ男が男とセックスをしていた
どうみてもSМという類のプレイ中で、もしかして俺もそうなっちゃうの?
口の中に銃口を突き付けられ絶体絶命!

極道×一般フリーター

注文のあったピザを届けに来たところで後頭部に衝撃を受けた。
目を覚ますと、目の前にはナニをちらつかせた男がいて、口には銃口が突っ込まれていた……。
もう一人の男のおかげでようやく口が聞けるようになった染谷に男が要求したのは、染谷が働くビザ屋の店長だった。戸惑う染谷だったが、店長には裏の顔があったのだ。
ただの宅配ピザ屋アルバイトが、ヤクザと元ヤクザの争いに巻き込まれて──
Nagisaさんの、極道とフリーターの甘辛Bボーイズラブ「Shadow」です!


以上、4作品でした!
どうぞ素敵などうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA