シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫2月17日の新作は、官能小説2作品、一般文芸2作品、BL小説1作品、合計5作品です!!

こんにちは、幻創文庫編集部です。
本日も5作品。
官能小説2作品、一般文芸2作品、ボーイズラブ小説1作品をお送りいたします!
いよいよ盛り上がるシリーズ、そして長編シリーズが堂々の完結!
本日も読み応えたっぷりですっ!

VIVACE~死神の肖像画~episode2

一般文芸 / 榊音

調査の為、城へと潜入する織之であったが、思わぬ事件に巻き込まれてしまう。
そして、王女ジョセフィンの過去が明らかに。

世紀の大悪党VIVACEの冒険ミステリー!

『死神の肖像画』それが、今回のターゲットだった。
世紀の大悪党と言われる VIVACE に依頼されたのは、戦争が続く小さな国にあるという、不気味な名を持つ絵画を奪うことだった。ターゲットのある国へ潜入した VIVACE は、絵画の持ち主・ジョセフィン王女に接触するのだが、そこには深い闇と狂気が座しているのだった──
榊音さんの「VIVACE」シリーズから「~死神の肖像画~」第2話!


なりあがる! 9

一般文芸 / 時御 翔

 広間に現れたのは、”大神の御子、冠木 小梅(かぶき こうめ75歳)”とかなめ嬢、草輔、№1執事、時倉 相馬(ときくら そうま32歳)も登場した。
馬駒が犯人。と疑われていたが、反発も反論もすでに馬駒は言葉にしなかった。彼は罪を被ることを選んだ。そうすることで奥様の逆鱗を静め、かなめ嬢の幸福を願う母の思いからくる愛たる犯行といってもいい。それを察した。つまり馬駒とでは幸福にはなれないと。それをわかったから馬駒は黙したのだ。
しかし、”大神の御子”はだれであろうと関係がない。罰は不問と処す。ジェネラルスターダイヤモンド盗難事件のジャッジをくだした。

かなめは夫候補の馬駒の疑いが晴れたことに微笑んでいた。このときはじめて馬駒がどういう立場でいるかが露呈される。ふたりが仲睦まじく話す姿は恋人同士のようにみえる。従業員たちは馬駒への見方が変わりつつある、そんな日でもあった。

不当な解雇によって職と夢を断ち切られた馬駒は、大手文具メーカーの令嬢の目に止まり執事となった。
持ち前の生真面目さで執事修行をこなす馬駒だったが、パーティーの翌日、大事件が。奥様自慢の大粒ダイヤが盗まれたのだ。濡れ衣を着せられた馬駒は、万事休す──
緊迫する広間に大奥様が現れ、事態は一転するのだった。馬駒を陥れようとした犯人は……?
時御翔さんの「なりあがる!」シリーズ第9話!


けだものたちの宴8

官能小説 / 鬼春

身体を火照らせる疼きが、男たちの手により愉悦へと変わっていく。
女の理性は、官能に飲み込まれる寸前となる。

そして、男たちは女に選択を迫った。

『我々の玩具になってよがり狂うか、愛する男と寝るベッドで犯されるか』
到底選べる選択肢ではなかった。どちらを選んでも地獄。
弄ばれ開発された肉体は、理性に反して官能の熱に溶け崩れている。どちらの地獄を選ぶか──
考える時間を与えられ、ひとり取り残された女は、逃れることのできない恥辱を想像して、あろうことか秘部を濡らすのだった……
鬼春さんの「けだものたちの宴」シリーズ、緊張と興奮の第8話!


欲望の村おこし その3

官能小説 / 川口青樹

「・・・ううむ、お、そうじゃ、散歩じゃ、こりゃ、シロ、寝とらんで起きろ」
「う、ぐう」
首輪をひかれたおかっぱ頭の全裸の娘は、急に目をさました犬のように四つん這いになって歩み始めた・・・

深夜、全身を包む除菌服を着た者たちが、淡々と手早く運び込んだものは、棺のような箱だった。その中に収まっているのは、ナイトガウンを着た老人だ。
そこへ、静かに眠る娘が運び込まれた。除菌服の者たちがパジャマと下着を脱がせても、娘は眠り続けている。
すべての準備が整うと、老人と娘は目を覚ました──
川口青樹さんの官能シリーズ「欲望の村おこし」第3話!


月の背通りで逢いましょう 27

ボーイズラブ / 鞘いつこ

火を着けられない限りは何をされても死なない古書店主や、身体中あちこちから自在に刀を生やす好青年、セックスで相手の体熱を得られなければ凍死してしまうご近所さんなど、人に似た人ならざる存在、魔人が暮らす月の背通り商店街での、よくある日常風景。
最終話です。

地図に載ることなく、人間が知ることのない場所にぽっかりと存在する『五郎町』
人と魔人が暮らすその町で繰り広げられる激しくも情味溢れるドラマ。不老不死ともいえる魔人たちが織りなす日常は、暴力と血に塗り込められながらも、情愛は人と変わらぬ熱を帯びているのだった──
鞘いつこさんの長編シリーズ「月の背通りで逢いましょう」
クスっと微笑ましい最終話!!


以上、5作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA