シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫11月21日の新作は、官能小説2作品、一般小説2作品、BL小説1作品、合計5作品です!!

11499584884 15fa3db111 z

photo by rpavich on Flickr

こんにちは、幻創文庫編集部です。
昨日は更新できなかったので、本日は2つ目の更新です^^

ちょびっとだけボジョレーの話題を書いた流れで、ホットワインが飲みたくなりました^^;
「ホットワイン」は和製英語で、正しくは英語なら「Mulled Wine」というそうです。
ドイツ語では「Glühwein:グリューワイン」、フランス語では「vin chaud:ヴァン・ショー」といいます。
もうすぐ、クリスマスマーケットのシーズンですね。(大阪は梅田スカイビル下で毎年開催されるクリスマスマーケットは、すでに始まっているようです。早い〜!)
寒空の下、暖かくてスパイシーなワインを飲むと、体の芯からあたたまるようです^^
アルコールを飛ばさないように作られるものもあるようですが、しっかり暖められて少しアルコール分が少なくなった方がたくさんいただけるかも?(*´艸`*)

さて、それでは本日の新作をご紹介いたします。
本日は、官能小説2作品、一般小説2作品、BL小説1作品、合計5作品をお届けいたします!

トリガー 誘発! 2

一般小説 / 時御 翔

 他人の悪意を覗き見している誉田は、ついに背後をとられてしまう。じょじょに忍び寄る影は、誉田の身に制裁を与えようとする。しかし、間一髪でこれを回避。

 ひとつの悪意をつぶすことは、大なる存在の一部であることを知る。
 その名を”Happy laugh”。
 そして、その集団は動き出す。

 悪の存在からしたら、誉田の存在が悪意であると。その行いを獲得するか、それとも手に入らないのなら滅するか。
 その決意の日が訪れるそのとき、誰の志が正義へとなるのか。

 誉田は決意のトリガーを引けるだろうか。

人の心に宿る小さな悪を引き出し、法の下に晒しあげる悦び。
誉田は、小さな犯罪の気配を敏感に読み取り、被害者になるであろうターゲットを尾行する。予想通り犯罪が成されれば、確固たる証拠を指し示して、犯人が裁かれる様を優越感に浸りながら眺めるのだった。
そんなある日、誉田が証拠を抑えた事件が、思わぬ方向に発展した。単純な窃盗事件と思われたそれは、犯罪集団の一角だったのだ──
時御翔さんの「トリガー 誘発!」シリーズ第2話です!


サクリファイス クロニクル編9

一般小説 / 榊音

 薔薇十字団から逃げ回るアーロンが、ついに反撃を思い付く。
 それは、シャルルをスパイに仕立て上げることだった。

 怪物サクリファイスを描いた、ゴシックダークファンタジー!

ペストによる死の間際、アーロンとクレメンティーナの錬金術によって救われたシャルルは、不老不死の存在となってふたりと行動を共にしていた。
アーロンはシャルルにさまざまなことを教えた。シャルルにとってアーロンは、憧れの師であった。
無敵に思えるアーロンも、薔薇十字団には逃げまわるほかなかった。なんとしてもその存在を潰したいと考えてたアーロンは、シャルルを使うことを思いつく。
大きくうねる運命に、シャルルは──
榊音さんの「サクリファイス クロニクル編」シリーズ第9話!!


マインド病棟 その4

官能小説 / 川口青樹

「それから、新たに入った宮崎看護師ですが、アナルの感度は抜群です。それに少し時間を頂いて条件訓練を行えば、倉石先生の希望する飲尿まで可能だとのことです」
「ほう、そうか。そんなことまでできるのか。よし、すぐにその条件訓練とやらを始めるようにドクターに伝えてくれたまえ」

御影嶋病院では、理事長の指示によりさまざまな「サービス」が提供されていた。
およそ病院とは思えぬそれらのサービスは、日夜激務に奔走する医師や看護師にとっても一種の開放感を与えているようにも見えた。患者の心身を預かる医療機関で行われるサービスの実態は……
次第に明らかになっていく御影嶋病院の淫らな秘密──
川口青樹さんの「マインド病棟」第4話!!


美少女ツンデレ制服○クちゃん 恥辱の3Pオフ会(11)

官能小説 / 瀬井隆

パイパンの亀裂を舐められていた制服○クちゃんは、今度はキャビネットに両手を突いた。
腰を突き出した彼女の背後にしゃがみこみ、仮面男子は再び舐めはじめる。
「アナルも舐めてって言ってごらん」「アナルも……ああっ」
制服女子校生姿の美少女レイヤーは、そこを舐められていってしまった。
「お願い、ナマで挿れて」
そう懇願する彼女の腰を掴み、仮面男子は立ったままバックから挿入する。
手を突いたキャビネットをバンバンと叩き、白目を剥いて美少女は絶叫した。
「ダメぇ、イクうううっ!」
立ったままイキ果てた彼女の腰を、もう一人の仮面男子が掴んだ。
制服○クちゃんはうっとりと懇願する。
「挿れて、お願い……」

催眠術によって極限まで感度を高められた制服○クちゃん。
仮面男子たちに敏感な部分を何度もしゃぶり尽くされ、アクメに達するのだった。
気の強い美少女の顔は、無残なほど快楽に蕩け、いやらしく歪んでいく。それでもまだ足りないとばかりに、仮面男子たちの挿入をせがむ。そしてついに、無毛の亀裂に仮面男子のソレが突き刺さる──
瀬井隆さんの「美少女ツンデレ制服○クちゃん 恥辱の3Pオフ会」シリーズ第11話!


月の背通りで逢いましょう 18

ボーイズラブ / 鞘いつこ

魔女の特製栄養ドリンクによって、セックスせざるをえなかった節野幹彦と、その後輩、近藤雄正。
特別な関係になってしまったひと時、そうなってしまった今だから話せること、そしてお隣さんの「声」。
ぎこちなくなりつつも、「何ごともなく」朝を迎える。

犯罪の足跡を追って、存在しない街・五郎町へやって来た節野と雄正。
警戒心が薄れてきたころ、ふたりが試飲したドリンクは「人間には効きすぎる」ものだった。
雄正の肉体は過剰な性欲に冒され、放っておくと人ではなくなるという。雄正を救うため、相手をすることになった節野。
標準的な異性愛者のふたりは、戸惑いながらも激しく濃厚な行為に身を沈めた。落ち着きを取り戻したふたりが交わす言葉は──
鞘いつこさんの長編BL「月の背通りで逢いましょう」第18話です!!


以上、5作品でした。
日に日に冬に近づいていきますね。
年末に向けて慌ただしくなるシーズンでもあります。
身も心もゆったりリフレッシュする時間を作って、楽しく乗りきりましょう〜ヽ(=´▽`=)ノ
どうぞ素敵な週末を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA