シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫11月14日の新作は、官能小説3作品、一般小説1作品、BL小説2作品、合計6作品です!!

8055191654 c93f9c9257 z

photo by Found Animals Foundation on Flickr

こんにちは、幻創文庫編集部です。
遅くなりましたが、11月14日(金)の新着作品をご案内いたします!

先日、ネット上を流れるニュースやらコラムやらを眺めておりましたら「仕事にも人生にも効く、読書がもたらす8つの効用(ライフハッカー[日本版])」と言う記事がありました。
なるほど~と思いましたので、気になる方はご覧になってみてください^^

読書とひと言でいっても、いろいろな読書がありますよね。
ビジネス書やノンフィクション、学術書もあれば、マニュアルもありますね。もちろん、小説も。
読むものによって得られるものが多少変わると思いますが、「ストレスを軽減できる」「心をより穏やかにしてくれる」というあたりは、いずれにも当てはまりそうです。(あ、ストレスになる本も、中にはあるのかなぁ……)
ともあれ、小説については、ばっちり当てはまると思います。

Web小説なら、電車待ちやお休み前のちょっとした時間にお楽しみいただけますよ〜^^

というわけで、幻創文庫の新作をさっそくチェックしてみましょう〜!
11月14日の新作は、官能小説3作品、一般小説1作品、BL小説2作品、合計6作品!

サクリファイス クロニクル編8

一般小説 / 榊音

不老不死の身体を持つアーロンとクレメンティーナに救われたシャルルは、二人の力を分け与えられ、自らも不死身となった。
アーロンの秘密である尽きない金の謎から、不老不死の秘密と能力について知るシャルル。
そして、アーロン達を追い詰める薔薇十字団についても知らされる。
うっかり薔薇十字団と鉢合わせてしまったシャルルは、隊長カサンドラから逃れるため、再び女を演じるハメとなってしまうのだった。

怪物サクリファイスを描いたゴシックダークファンタジー!

ペストに倒れ、命の灯火が消える間際、シャルルはアーロンとクレメンティーナに救われ、「神の力」によって、老いもせず死ぬこともないモノになっていた。
アーロンとクレメンティーナは、錬金術によって得た「神の力」ゆえに、追われる身でもあった。
「神の力」が生まれた経緯やそれによって彼らが背負ったもの。それらが次第に明らかになる──
榊音さんの「サクリファイス クロニクル編」第8話!!


マインド病棟 その3

官能小説 / 川口青樹

 以前にいた病院と異なり、毎日に充実感があるのである。 
 ただ、彼女には一つ悩みがあった。
 この病院へ勤め始めた頃から、脱毛があるのである。
 それも、人には言えない場所の脱毛だった・・・

中島看護師は、御影嶋病院で勤務するようになってから、充実した毎日を送っていた。
悩みといえば、他人に言えない部分の脱毛であったが、理由はわからないままだった。そして御影嶋病院には、他の病院にはないものが多く存在する。いずれも理事長の発案だったが、はたして病院内で行われているのは──
川口青樹さんの「マインド病棟」第3話!!


イケナイ奥様(最終話)

官能小説 / 真田リョウ

「今度はもっと興奮することをしてやるよ」
 
 私をレイプした個人タクシーの運転手の言葉が頭を過ぎる。出張からから帰宅するその日も、夫はその男の個人タクシーを利用していた。

 イケナイ奥様、最終話です。

夫の留守中、偶然利用したタクシーのドライバーに凌辱された人妻。
その後も、夫のお気に入りタクシーとして潜り込んだ男は、何度も人妻の肉体を貪った。その行為は次第に大胆になり、ついには夫の在宅中に押し入って来たのだった。
物静かで紳士的な夫とはまったく違った、激しく暴力的なセックスに、人妻の肉体にはいつしか官能が芽生えていた──
真田リョウさんの「イケナイ奥様」シリーズ、最終話です!!


美少女ツンデレ制服○クちゃん 恥辱の3Pオフ会(10)

官能小説 / 瀬井隆

二人の男子のザーメンを口に含んだまま、制服○クちゃんはアクメの余韻に浸っている。
僕はそんな彼女のショーツを脱がせ、椅子の上で大股開きにさせた。
つるつるのパイパンのそこが、ぱっくりと姿を晒す。
制服○クちゃんは口に含んだ精液を手のひらにこぼすと、その指を中に挿入した。
「赤ちゃんできたらどうするの?」「お、堕ろしますっ」
恍惚とザーメン指入れオナニーを始める制服○クちゃんに、僕はぱちんと指を鳴らした。
妊娠、その三ヵ月後、堕胎、破水……と、一連の暗示を掛けてやる。
催眠状態で破水した彼女は、羊水の代わりに多量の小水を椅子の上で漏らしはじめた。
やがて一人の男子が秘唇を舐めはじめると、制服○クちゃんは快楽に激しく喘いだ。
「もっと舐めて……」

催眠術によって、口と喉を性器に変えられた制服○クちゃんは、仮面男ふたりが吐き出した大量のザーメンを口に含んだまま、全身で絶頂の余韻を味わっていた。
しかし、ここで終わりではない。これからなのだ。
すっかり従順になった制服○クちゃんは、僕の言葉従って、さらに身体を開いていくのだった──
瀬井隆さんの「美少女ツンデレ制服○クちゃん 恥辱の3Pオフ会」シリーズ第10話!


ポチいりませんか? 後編

ボーイズラブ / Nagisa

ポチとかわいらしい名称のクマのような男は、ポチというかわいい名称の面の皮を被ったケダモノのようなクマでした…

冷たい雨の中、ヨレたダンボールに入っていた「ポチ」を拾った僕。
ポチは、ヒゲ面のクマ男だった。事情を聞けば、祖父から僕の面倒を見るように言われただなんて。
そんなこと聞いてない!
そんな突然の出会から一つ屋根の下暮らすことになった僕とポチ。
ある夜、泥酔して帰ってきたポチは、僕に──
Nagisaさんの「ポチいりませんか?」後編です!


危険な恋人たち 2

ボーイズラブ / 羽邑崇

それまで、音楽や楽器とはなんの縁もないと思われていた蒼太が、ギターの名前を知っていた。
そこで初めて明らかになる蒼太の過去。

実はギターが弾けるという事実を知った旭は蒼太に弾いてくれと言い、居合わせた拓斗や修二もそれを求める。

「ね、蒼太さん、今日のステージ、蒼太さんも出てくれないかな?」
「は?」

旭の体調維持のため、ライブ会場まで同行した蒼太は、思いがけずギターを弾いて見せろと迫られた。
プロに聞かせるほどのものではないと渋りながらも独学の演奏を披露すると……
演奏を聞いた旭は、一緒にステージへ上がって欲しいと言い出した。
驚く蒼太に、旭はさらに衝撃的な言葉を呟く──
羽邑崇さんの「月に叢雲、華に風。」シリーズ「危険な恋人たち」衝撃の第2話! 旭の決意に蒼太は……!?


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA