シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫10月21日の新作は、官能小説1作品、一般小説1作品、BL小説1作品、合計3作品です!!

2969940433 2fe9ae6302 z

photo by DeusXFlorida (6,057,836 views) – thanks guys! on Flickr

こんにちは!幻創文庫編集部です。
そろそろ近づいてまいりました、Halloween!
準備は万端ですか?
最近でこそ盛り上がりを見せるハロウィンですが、キノコが子どものころには、こんなお祭りはありませんでした……
え、もしかして、都会にはあったのかな……?

ハロウィンにかぎらず、秋は各地でお祭りがありますね。
夏祭りよりも少し地味な感じもありますが、有名なところではだんじり祭も秋のお祭りですね。
秋のお祭りは、作物の実りへの祈願・感謝を込めて行われます。
ハロウィンも、元々は秋の収穫を祝う意味もあったということなので、どこの国でも秋は実りの季節なんですね〜

ところで、この時期になるとスーパーでも見かける、カラフルでカワイイ形をしたカボチャ。
これって、食べられないんですね!?
初めて知った時、ずいぶんショックだったことを覚えています…(笑)

さて、本日はそんなハロウィンにまつわる作品を含め、合計3作品をお届けいたします!

薔薇と毒薬 11

一般小説 / 桜沢麗奈

「いつか自由になりたい?」
 ノイッシュの言葉に、マリエットは少し驚いて顔を上げた。
「……自由に、なんて、考えたこともないわ」
 自分にとっての自由とは、どのようなものだろう。想像がつかなかった。

連日開かれる宮殿でのパーティで、マリエットは休むことなく歌い続けていた。
歌を奏でているときが、マリエットの歌うたいとしての心を保てる唯一の時間だった。
そんなマリエットの歌を聞くため、ノイッシュ王子もまた、パーティに顔を出すようになっていた。
次第に親しくなるについれ、マリエットの心は複雑に揺れ動くのだった──
「薔薇と毒薬」第11話です!


スペシャルスカトロ嬢 その10

官能小説 / 川口青樹

「えっ、私が結婚」
 先日の二人の内で、プレイをじっと見ていた四十歳位の男からの申し出に、美晴は驚いていた。
 自分の願望からすると普通の結婚ができるとは思っていなかったが、現実に迫ってくるお見合いの話にどうしたらよいのかもわからなくて迷っていた時なのだ。
 だがこの男も変っていた・・・

スカトロM嬢として、その性癖を天職に活かす美晴は、実家から縁談を持ちかけられ困惑していた。
今になって、ごく普通の結婚生活など送れるはずがない……。
そんな折、美晴のプレイを見ていた男から、結婚を申し込まれた。
戸惑いを隠せない美晴。しかし、男の願望は、美晴でなければ叶えられないものだった──
本格スカトロSMシリーズ・第10話!


ランタンの幻影は愛を語る 前編

ボーイズラブ / Nagisa

『トリック・オア・トリート、してくれなきゃ悪戯しちゃうよ?』
編集と作家カプシリーズ1作目、ハロウィン編

買い物客で賑わうショッピングロード。
そのど真ん中に、ひと目をひく出で立ちの女装青年がいた。
どうみても目立つその存在に、不思議と誰一人気づかない様子なのだ。
あまりに不自然なその出会いに戸惑う俺。そのうち、相手にも気づかれ、話しかけられた。
「もしかして僕の姿がみえていたりするのかな?」
え、それってどういう意味?──
編集と作家カプシリーズ、ハロウィン編の前編です!


以上、3作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA