シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫10月16日の新作は、官能小説3作品、一般小説2作品、ボーイズラブ1作品、合計6作品です!!

KAR85 makkanisomaru20121125093203500

こんにちは、幻創文庫編集部です。
台風が過ぎてから、一気に肌寒くなりましたねー。
編集部のある大阪では、それでもマシな方だったようで、中には12月ごろの気温にまで下がったところがあるとか……
話に聞くだけでも風邪を引きそうです><

秋といえば紅葉。
鮮やかに色づくモミジは、春のお花見と同じくらい、人気の風景ですね。
この、鮮やかな葉っぱ。
美しい色に染まるには、昼夜の大きな温度差が条件だとか。
詳しいメカニズムは難しいのですが、ともあれ、秋から冬に変わる、寒暖差の激しい時期に色づくんですね。
このため、温かい地方では鮮やかな色になりにくいのだそうです。
自然って不思議ですねぇ。

さて、それでは本日の新作をご紹介いたします!
本日は、官能小説3作品、一般小説2作品、ボーイズラブ1作品、合計6作品です!!

自称天才数学者の推理記録 記録4《密室の秘密》後篇

一般小説 / 家門道一

今回も短編です。
その後篇。

密室殺人事件。
毒を仕込んだ吹き矢による密室殺人を追う刑事・榊原徹雄は、この難題を解くために(自称)天才数学者の桜小路悟一に連絡をとった。
電話越しに事件現場の説明を詳細に確認し終えた桜小路は「推測では……」と言葉を濁しながらも、事件の真相を解き明かす──
歌って踊る天才数学者・桜小路悟一の推理記録シリーズ第4弾・後編!あ、今回は歌も踊りもありません。あしからず。


お宝無人販売所

一般小説 / 田中 大也

平井 一男は学校でいじめられていた。中でも主犯格の中条 茂は、極めて巧妙に肉体と精神をえぐり、かつ無実の罪を着せようとしてくる。このままいいようにやられていたら、いつか学校からも追い出されてしまいそうな有様だ。

そんなある日、平井は公園で、若い男に声をかけられる。若い男は西野 俊治と言い、「お悩み解決屋」を名乗っていた。平井の悩みを無料で解決してくれるらしい。

西野は、申し出を受け入れた平井に対して、平井家が持っている猫の額のような飛び地の土地に、あるものを設置し始めたのであった……

セレブ層が集まる高校で、悪質ないじめを受け続ける平井一男は、苦しい状況を抜け出すことをすでに諦めかけていた。
そんな平井のもとに「お悩み解決屋」を名乗る男が現れる。
平井の抱える悩みを無料で解決するというのだが──
悪党を見後に撃退する、その手法とは……?
田中 大也さんの短編読み切りです!


恥辱after5…課長、翔子(12)~陰毛露出

官能小説 / ゾル少佐

 膣内射精――それが、懇親会を終了させる為の、高島が出した条件だった。

 自分が危険日である可能性を考え、躊躇いを見せる翔子。
 しかし、これ以上部下たちの前で痴態を晒すなんて、どうしても耐えられない。
 翔子は意を決し、高島の条件を呑むことにしたが――

弱みを握られ、どんな要求にも逆らえない翔子。
部下の高島は、翔子に「中出しさせろ」と迫る。他の部下たちの前で強要される、さながらストリップのような屈辱を終わらせるため、どんな要求でも受け入れるつもりの翔子だったが──
高島の要求はいよいよエスカレートし「懇親会」での最後の質問が翔子を更に追い詰めていく。
興奮がおさまらない第12話です!!


奪姦

官能小説 / 泡恋

 男は兄嫁である義姉の弱みを掴んだ。それをネタに義姉を脅す。

 兄にこの事をバラされたくなければ自分の言いなりになれ。

 女は夫に捨てられない為に男の言いなりになるしかなかった。しかし、そこには男の秘密があった。

夫の弟から凌辱を受ける人妻──
義弟の歪んだ欲望の対象となった登美花は、恐怖と背徳に押しつぶされそうになりながらも、湧き上がる悦楽を抑えることはできなかった。
強引に躰を開かれ、卑猥な言葉で辱められるほど、熟れた人妻の恥部は期待に震え、蠢くのだった──
息もつかせない人妻凌辱官能、読み切りです!


イケナイ奥様(4)

官能小説 / 真田リョウ

 あの出来事の恐怖に怯えながら、夫の早い帰宅を待ち望んでいた。心細い夜を過ごし、なかなか進まない時計の針にやきもきしながら帰宅を待った。だが、ようやく帰ってきた夫と一緒にいたのは、最も会いたくないあの男だった。

ひとり帰宅した部屋で、タクシー運転手に穢された人妻は、恐怖に怯えながら夫の帰りを待った。
ようやく夫が帰宅し、安心したのも束の間……夫が連れて来たのは、あのタクシー運転手だった。
貞淑な人妻に、再び魔の手が伸びる──
羞恥と屈辱、そして恐怖に震えながらも、淫らに堕ちていく…「イケナイ奥様」第4話!!


俺に跪け-Friday the 13th- 後編

ボーイズラブ / Nagisa

レンの愛のかたち、仁の愛のかたちが姿を見せる。

「おまえの忠誠を見せろ。俺は忠実なモノが欲しい」
生きるために躰を差し出してきたレン。闇の取引で仁に買われてからは、戸惑うほど穏やかな日々が過ぎていた。
しかし、レンは日に日に快楽への期待を募らせていく。
レンの行き過ぎた行為。それに応える仁の本音は──
フリーライター仁と醜い欲望の中を生き抜いていたレン主従関係を描く短編シリーズ・後編!


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA