シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻創文庫10月14日の新作は、官能小説3作品、ロマンス小説1作品、一般小説1作品、BL小説1作品、合計6作品です!!

5500437239 e8182929ab z

photo by Harsh Patel on Flickr

こんにちは、幻創文庫編集部です。
週末は、台風の到来で、行く予定だったイベントが中止になり、自宅軟禁状態でした。
おかげさまで大きな被害はありませんでしたので、ひさしぶりにゆーーーっくり「積読本」を消化しておりました^^;
そのせいか……本日はひどい肩こりになってしまいました(汗)
スマホで読書をするときも、目の疲れや肩こりが気になります。場合によっては、スマホを操作する腕や指にも疲れがたまりますね。
意識してときどき体を動かしたりストレッチするなど、心がけたいものです。

さて、本日の新作は、官能小説3作品、ロマンス小説1作品、一般小説1作品、BL小説1作品、合計6作品です!

自称天才数学者の推理記録 記録4《密室の秘密》前篇

一般小説 / 家門道一

今回も短編です。
その前篇。

林田剛というヤクザ者が死んだ。現場は密室で、玄関には鍵、ドアチェーンがかかり、窓も施錠されていた。
その部屋の真ん中で、林田剛は死んでいた。
凶器は吹き矢。矢に塗られた毒によって死亡した。密室殺人である。
その頃、天才数学者桜小路悟一は、自身の研究資料を紐解いていた──
歌って踊る天才数学者・桜小路悟一の推理記録シリーズ第4弾・前篇です!


痴漢大戦【上り線】 その5、初恋

官能小説 / ナンパ犬太郎

毎朝毎朝、舞阪台駅7時55分発の快速特急の車内で指責めに遭っていた美香はある日の夕方、その痴漢の張本人である洋輔に駅のホームで突然声を掛けられる…。

美香は驚愕しつつも、洋輔の紳士的で爽やかな容姿にあっと言う間に心を許し…「話がある」と言う洋輔とともに、駅前の居酒屋へと向かったのだった…。

しばらくは互いの素性や性生活について、和気あいあいと話していたふたりだったが…
美香は洋輔に誘われるままほろ酔いで夜の公園へと向かい、洋輔も美香に「話がある」という目的からすっかり脱線してしまい、興奮のおもむくままに毎朝指責めを繰り返していた美香の秘部に念願のクンニリングスを果たすのだった…。

「この味っ…この匂いっ…凄い…!凄いよっ…」

しかし洋輔は美香を…容姿や雰囲気以上にその女性器の香りから、いつしか初恋の同級生「麻美」を勝手に重ね合わせ始めていた。
しかし…既に成熟しきった人妻である美香は、洋輔の思い出の中に同級生当時のまま生き続ける麻美と違い、

「あっ、ダメっ、そこ…凄いっ!イイっ…気持ち良いっ…!ん…あはんっ、もっと…洋輔さん、もっと…!」

と、洋輔のクンニリングスに歓喜の声を漏らしてしまう…。

(麻美は…こんな声出さないんだ…頼むよ美香…)

それは、洋輔の中の「麻美」像とは大幅にズレが生じてしまい…

「君は…!君はいったい何なんだっ…!?」

理不尽で身勝手にも、美香へ怒りを爆発させてしまうのだった…!

「……ご、ごめんなさい、ごめんなさい…」
「謝るな…!どうして謝る?君は悪い事なんて、これっぽっちもしていないのに」
「…あの、私…なんて言うか、ずっとそうやって生きてきたから…」

(クソっ、やっぱり…そういう所まで、美香は麻美だっ…!)

洋輔はそんな美香の立ち振る舞いから「麻美」との思い出を記憶の彼方から引きずり出し、物思いにふけり始めるのだった………。

ごく普通の人妻でありながら、肉感的なボディと弱気な性格から、痴漢の標的となる美香。
ひょんなことから痴漢の犯人と飲みに行くことになり、その上、夜の公園で……
夢中で美香の体を貪る痴漢犯・洋輔は、いつしか初恋の少女を思い出して──
美香に初恋の相手を重ねる洋輔の過去とは?「痴漢大戦【上り線】」シリーズ・第5話!!


スペシャルスカトロ嬢 その9

官能小説 / 川口青樹

「よし、これから使うか。この丸い方をお尻の中へ入れてから、こっちの方をこう当ててそのままオシッコをしてごらん」
 美晴は指定された方をアナルに入れると、男の格好の真似をして円錐形の部分を股間に当てて押さえた。
「出します」
 美晴の股間から排出された黄色い液体が、漏斗のような部分から管を伝って流れていった・・・

自分の性癖を刺激する天職についた美晴は、日々。
客とのスカトロプレイに没頭し、変わった要求にも積極的に挑んでいく。
客が言いよどむプレイでさえ、優しく柔軟に受け入れていくのだ。
そんな充実した日々だったが、またしても美晴に転機が訪れようとしていた──
本格スカトロSMシリーズ・第9話!


ないしょの恋人 第1話

官能小説 / 護堂アオイ

ほんの少しだけ、「なにかが違う世界」の物語。
その世界ではローティーンのジュニアモデルのヌードが許されていた。
ジュニア・ヌードモデルをやっている理奈と純、そして将来ファッションモデルになりたい夢を持っている摩衣。これは、そんな三人の少女の物語。

少女たちのヌードモデルが合法の世界。
そこでは、幼くも魅力あふれる少女たちが、その華奢なボディを惜しみなくさらしていた。
里奈は、その中でもトップの人気を誇るモデルだった。
同じクラスの純も少年ぽさが魅力のモデルとして里奈を追いかけている。
そしてもう一人、ファッションモデルを目指す摩衣は、ヌードモデルに抵抗を感じつつも、興味を持つのだった──
美少女モデルの物語・新シリーズです!


だいすきっていわせたい! 2 ~遼太~

ロマンス小説 / 泡恋

遼太にとって、妹みたいな幼なじみのひより。

生まれた時から知っているひよりは、遼太にとって、妹のような存在でしかなかった筈なのに。いつからかその存在が気になって仕方がなくなっていく。

ふたりの秘密の時間‘なかよしたいむ’はどんどんエスカレートして……?

7つ離れた幼なじみのひよりは、大事な妹のような存在。
赤ちゃんのころから知っているのだから、恋愛感情など意識したこともなかった。
ふたりのひみつの「なかよしタイム」も、恋愛感情はない。
ただ、少しずつ成長していく「妹」に、不安と独占欲が湧いてきて──
あまりにも近すぎて、互いの心に気づかない幼なじみのもどかしい恋「だいすきっていわせたい!」第2話は、遼太の視点です!


俺に跪け-Friday the 13th- 前編

ボーイズラブ / Nagisa

仁とレンの出会いは、闇で取引される場所での、購入者と商品という関係だった。
これから主従関係が始まる――

Nagisaさんのシリーズ「裏切りの赤いルージュ」を元にしたもうひとつの物語。
闇社会でひっそり行われる取引。年端もいかない少年少女でさえが商品になる。
そこで三島仁は、まるで人形のように美しい少年・レンを買った──
フリーライター仁と醜い欲望の中を生き抜いてきたレンの主従関係を描く短編シリーズ・前編です!


以上、6作品でした!
どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA