シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月2日の新作は、ロマンス小説2作品、BL小説2作品、合計4作品です!!

6833835977 c3003549b2 z

photo by Andrea Nguyen on Flickr

こんにちは、幻創文庫編集部です。
10月2日、今日は「とうふの日」です!
お豆腐、食べてますか?

こどものころは、どうもあのさっぱり過ぎる味といい、はっきりしない食感といい、あまり好きではありませんでした。
大人になってから、ようやく「美味しいお豆腐」があること、食べ方もいろいろあるということを知りました。

で、冒頭の画像です。
バターかと思ったら、なんと「TOFU MISOZUKE」と書かれているじゃありませんか!
お豆腐の味噌漬け。
めちゃくちゃ美味そう。
日本酒が合いそうです。ジュルリ

秋の夜長。
おちょこ片手に読書、なーーんて、素敵ですね!

それでは、本日の新作をご紹介いたします!

Fake up , Wake up(5)告白は10年分の懺悔

ロマンス小説 / takao

 十年の間、幼馴染の東児に嘘をつき続けていた夢維は、彼にお仕置きとして少しずつ快楽を刻み込まれていた。

 だがいつも中途半端に解放されてしまう。このまま身体の関係だけが続くのか。そして自分だけが気持ちよくなるのではなく、大好きな東児にもう一度笑顔になって欲しいから、彼の望みを叶えてあげたい。

 そう思った夢維は「話したいことがある」と全てを話す覚悟を決めて東児に会おうとしたところ、彼から夏祭りに誘われ――。

好きという気持ちに嘘をつきつづけ、心とは反対の言葉で東児を傷つけ続けた夢維。
ほんとうは大好きな東児の笑顔を取り戻したくて、自分の言葉が嘘だったことを告白し謝罪しようと心を決めた夢維だったが──
恋するあまり素直になることを恐れるせつない乙女心にキュンとするtakaoさんの「Fake up , Wake up」第10話です!


妄想の11、変態「腐」女子大生観察日記 中編

ロマンス小説 / ナンパ犬太郎

オトコに隅々まで観察・想像されることで興奮を覚えるという、官能小説・BLの編集者志望の変態「腐」女子大生優(ゆう)は、薄暗い個室居酒屋の席で、私が次々と口にする淫靡な想像で徐々に感じ始めていた…。

しかし…そのうち優は、私の想像だけでは我慢できなくなってしまい…

「あんっ…あたし…昨日からお風呂入ってないんです…」
「ゆ、ゆ…優ちゃん?」
「ダメ…ダメっ、そんなトコロ触っちゃ絶対ダメ…汚いよぉ!」

自らを既に妄想ストーリーの渦中に置き、私の右手を掴んで自らのパンティの中へと誘導したのだった…。

男に恥ずかしいところをじっくり観察されたり、イヤラシイ想像をされることで興奮する女子大生・優。
居酒屋の個室で、官能小説家の巧みな妄想誘導に呼吸を乱し、興奮を高めていく──
羞恥を煽る観察、言葉責めに悶える爆乳女子高生の痴態が悩ましい「ナンパ犬太郎の妄想夢日記」第11弾・中編!


思い出の隠れ場所 2 二話

ボーイズラブ / はるた

 和士が言うから参加したサークル活動。でも全然楽しくない。だって和士がない。和士は今、新しいバイトのゆいといる。
 ゆいに会いたくない。そう思っていたのに、博己はサークル仲間とともに、和士の店に行くことになり――。

ラーメン屋を営む従兄の和士に想いを寄せる博己。
夏休みが終わり、泊まり込みのバイトは終わりを告げた。
和士に言われるとおり大学のサークルに入った博己は、和士の店にやってきた新しいアルバイト・ゆいの存在が気になっていた。
「会いたくない」そう思っていたのに──
「思い出の隠れ場所 2」シリーズ、第2話!!


裏切りの赤いルージュ 4

ボーイズラブ / Nagisa

事の真相の闇が次第に暴かれていく中、ふたりでホテルに隠れる羽目になった刃たち。
決して男色家というわけではない刃だったが…

悠希の信頼を得るために演じた大立ち回りで足を傷めた刃。
夜になって、思いの外ひどく痛む足に悩まされた。
そこに、ひとりで眠っているはずの悠希が寄り添う。
悠希の想いを知りながらも、刃は受け止められずにいて……
事態が核心に近づくなか、それぞれの想いが絡み合う「裏切りの赤いルージュ」第4話!


以上、4作品でした!
今日は、ロマンス小説とBL小説のみ……乙女の日ですね(*´艸`*)
それでは、どうぞ素敵な読書タイムを^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA