シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料携帯小説「幻創文庫」1月10日新作紹介♪

こんにちは、無料携帯小説「幻創文庫」です。

1月10日の更新情報をご紹介します。

《小説》

◆一般向(歴史/時代)
倉沢はすみ:著「東京探偵小町 第三十九話「星ひかる」 <2>」
〔あらすじ〕
「あんた、なんで……なんで俺なんかをそんなにかばうんだよぉ」
「あなたには、もう、こんな思いをしてほしくないから」
「フン。ならば、どこまで耐えられるか試してみるがいい。正気を失った狂女を飼うのも、また一興だ」

《官能小説》

◆女性向18禁(女性心理/自伝風)
早乙女雫:著「バラの記憶 1」
〔あらすじ〕
 最近、全校トップである本間太陽(ホンマ・タイヨウ)の成績が振るわない。
 担任の水野里緒奈(ミズノ・リオナ)は、個人面談で悩み事を訊きだそうとする。
「何か悩み事とかあるの?」
 彼は、ある場所をチラチラと見ている。
 それは、里緒奈の豊満なバスト!!
(なんだ、そういうことか。それじゃ…)
 里緒奈の個人授業がはじまる……!!

◆男性向18禁(SM)
川口青樹:著「携帯メール変態ペット その12」
〔あらすじ〕
 次に変態有希オシッコ用のペットボトルに立ったままでオシッコをするんだ。
 そうしたらもう一度仰向けに寝て変態有希オシッコ用のペットボトルの中身を満遍なく自分の体に掛けるんだ。
 これは私のゴールデンシャワーの代わりなのだから「ご主人様のオシッコを変態ペット有希の体に掛けてください」と大きな声でお願いするのを忘れるな・・・

◆男性向18禁(露出/羞恥)
┗瀬井隆:著「ガチ催眠・BRSコス美少女(9)」
〔あらすじ〕
(ローターが、ローターが子宮の中に入ってくる……。)
普通ではありえないその感覚を、催眠暗示でいま美少女レイヤーは味わっている。
外に面した非常階段を、四つん這いになってのぼろうとしている白い裸体。
「あと五段のぼると、絶叫してイっちゃうよ」
必死で這い登る彼女が耐えきれずに腰を振り出したところで、僕は指をぱちんと……。

同人アキバ出版さまの映像作品をノベライズしたシリーズ「ガチ催眠・BRSコス美少女」の第九話です。

《ボーイズラブ小説》

◆ボーイズラブ(ノンジャンル)
羽邑崇:著「風が吹いた日/風が吹いた夜」
〔あらすじ〕
旭には、昔、ヤクザ者に誘拐され、性奴隷として海外のオークションにかけられそうになったという過去があった。
実際はその寸前で助けられたのだが、その時、オークション用にと、短いビデオを撮影され、カタログ用の写真も数枚撮られていた。

旭の悪夢を消し去ろうと、蒼太はビデオとカタログをすべて回収し処分する事にした。
だが、カタログの最後の一冊だけが手に入らない。
それを所有している男が手放さないのだ。

男の名は飛田慶一郎。
旭の友人の一人だった。
誰にも見せないからいいだろうと飛田は言う、だがそんなものではない。
カタログがあるだけで許せないのだ。

なんでもするからカタログを渡してくれと頭を下げる蒼太に、飛田は一つの条件を出した。

「カタログは渡す、そのかわり、ヤラせろ」

————————————————————————————————–

編集部 アレレ蕾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA