シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料携帯小説「幻創文庫」1月7日の新作紹介♪

こんにちは、無料携帯小説「幻創文庫」です。

1月7日の更新情報をご紹介します。

《小説》

◆一般向(ノンジャンル)
家門道一:著「幻影草双紙34~川中島の対決~」
〔まえがき〕
 武田信玄と上杉謙信は、川中島で対決しました。
 火花を散らす、ホットな戦いでした。

《官能小説》

◆男性向18禁(SM)
川口青樹:著「奴隷調教ビジネス請負人 その5」
〔あらすじ〕
「いやっ、何をするの、…ああっ、汚い」
 早紀の唇が、レジャーシートに散っている滴に当てられた。
「自分で粗相したものを舐め取るのです」
「ああっ、いやっ、止めて、止めて」
 まるで早紀の顔が雑巾でもあるかのように、リサは左右に動かした・・・

《ボーイズラブ小説》

◆ボーイズラブ(青年)
六:著「朱い雀は夢をみる8」
〔あらすじ〕
恋の仕方を思い出している。
まるで中学生みたいに。

————————————————————————————————–

今日は七草。
朝や昼に七草粥を食べた方、いらっしゃいますか?
「せり」水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進。
「なずな」別称はペンペン草。江戸時代にはポピュラーな食材でした。
「ごぎょう」別称は母子草で、草餅の元祖。風邪予防や解熱に効果がある。
「はこべら」目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなった。
「ほとけのざ」別称はタビラコ。タンポポに似ていて、食物繊維が豊富。
「すずな」蕪のこと。ビタミンが豊富。
「すずしろ」大根のこと。消化を助け、風邪の予防にもなる。

この7つの草を混ぜておかゆを作るのですが、アレレはまだ食べたことありません。
お正月で弱った胃腸にいいらしいのですが、習性がないからなのか食べたことないんですよね。
どんな味なんだろう…一度でいいから挑戦してみたいと思っています。

編集部 アレレ蕾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください