シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料携帯小説「幻創文庫」12月20日新作紹介♪

こんにちは、無料携帯小説の幻創文庫です。

12月20日の更新情報をご紹介します。

《小説》

◆一般向(ノンジャンル)
田中 大也:著「サンタカード」
〔あらすじ〕
彼女だと思っていた八木 希にハメられ、今年も寂しいクリスマスを過ごすハメになった「俺」には、秘密があった。

それは、「サンタカード」。モテない男子高校生たちが、クリスマスへのやっかみを形にしたとも言われるカードだった。高校の時に、校内最強の証明として手渡されたものだが、もちろんサンタに会えるような効果はない。

しれっと自分を騙していた希と、希とつるんでいる男への悔しさを抱えながら眠りについた「俺」は、聞き慣れない声で目覚めた。飛び起きてみると、なんと、サンタが立っていた。身長二メートルぐらいはありそうな巨漢のサンタが、笑って立っていたのである……

◆一般向(ラブストーリー)
Nagisa:著「ピンクの聖夜に抱かれて 前編」
〔あらすじ〕
出逢いは夏の終わり。森和実は酔った勢いでその日会った男の人とひと晩共にする。
目覚めて知る自分の失態を悔いながら数日後出勤すると、上司に中途採用の新入社員の世話を命じられて――

————————————————————————————————–

《官能小説》

◆女性向18禁(マニア/偏愛)
早乙女雫:著「キモい舌 ~後編」
〔あらすじ〕
 兄の友だち佑太は、エリカの一番嫌いなタイプだ ―― デブで、オタクで、エロい!!
 そんな男に、少しでも油断したのがまずかった。
 いきなり襲いかかられ、そのままアソコをデロデロと…。
(あん、ヤバい、こいつ、マジ上手いかも。あぁぁん、あたし、こんなキモい男にイカされちゃうぅぅん)
 まさか、キモ男の虜になるなんて……!!

◆男性向18禁(SM)
川口青樹:著「携帯メール変態ペット その10」
〔あらすじ〕
 容器は五百ccで、腰に容器を止めるストッパーがあります。
 オシッコが出続けるバルーン注射器とホース。
 そのホースの長いもので、口に拘束具がついていて自分のオシッコを飲み続けるものです〕

◆男性向18禁(露出/羞恥)
┗瀬井隆:著「ガチ催眠・BRSコス美少女(7)」
〔あらすじ〕
外に面した非常階段に場所を移し、美少女レイヤーへのSEX調教は続く。
今度は、子宮を直接嬲られている感覚に襲わせてやろう。
額に指を当てる。この娘の感覚では、それは太い肉棒だ。
ぐいっと押してやると、トロ顔に蕩けた顔が叫んだ。
「お、奥までズブって……イクうっ!」

同人アキバ出版さまの映像作品をノベライズしたシリーズ「ガチ催眠・BRSコス美少女」の第七話です。

————————————————————————————————–

《ボーイズラブ小説》

◆ボーイズラブ(ノンジャンル)
羽邑崇:著「月に叢雲、華に風。 25」
〔あらすじ〕
「あんた、あきらのカタログを持っとるそうやな」
「ぁ? ぁあ、アレか、持ってるぜ、それが?」

 蒼太の話がまさかそこだとは思わなかった飛田が間抜けに聞き返すと、蒼太はいきなり頭を下げた。

「そいつを俺に渡してくれんか? 頼む」
「は?」
「あれは旭の悪夢の根源や、欠片たりとも残しておきたくない、渡してくれ頼む」
「つっても別に俺が持ってるだけだぜ、他の誰にも見せねえし、手放す気もねえ……」

「言ってもわからんかもしれんが、アレはあきらを苦しめるだけの代物や、この世にあるべきモンやない、こっちに渡してくれ」

オークションカタログを渡してくれと頭を下げる蒼太を、飛田は拍子抜けしながら見返した。
自分の知っている、極道で殺し屋の風祭蒼太とはイメージが合致しない。

————————————————————————————————–

編集部 アレレ蕾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください