シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料携帯小説「幻創文庫」12月19日新作紹介♪

こんにちは、無料携帯小説の幻創文庫です。

12月19日のおすすめ小説をご紹介します。

《小説》

◆一般向(歴史/時代)
家門道一:著「黒い鷹・尼子秘帳 第四話」
〔まえがき〕
 江戸の風景については、幕末の写真も参考にしました。
 ビルがなく、道がアスファルトではない写真は、非常に参考になりました。

◆一般向(歴史/時代)
倉沢はすみ:著「東京探偵小町 第三十九話「星ひかる」 <1>」
〔あらすじ〕
「君は誰だ、ワリーくんの友人か。腕が立つのか、立つようだな、ならば頼みがある。わたしを殺してくれ、今すぐに!」
「へッ、それがてめェの、命乞いの猿芝居かよ」
「命乞いではない、頼む、殺してくれ」

————————————————————————————————–

《官能小説》

◆男性向18禁(痴漢/屋外)
真田リョウ:著「メガネ美人秘書調教日記(4)」
〔あらすじ〕
「ほら、あーん……」

 彼女は俺の命令に従い、俺の股間の前で口をゆっくりと開いた。

 俺と彼女。主従の関係が始まる瞬間だった。

 開いた口に亀頭の先端をゆっくりと突き刺す。手を締め上げられ、身動きのとれない彼女は、口の中いっぱいに肉棒を受け入れ始めていった。

美人メガネ秘書調教日記 最終話です

◆男性向18禁(歴史/時代)
無言ダンテ:著「献身の舌「疵物少女」」
〔あらすじ〕
最近、街外れにある興隆寺にある少女が住み着いたという。

————————————————————————————————–

《ボーイズラブ小説》

◆ボーイズラブ(年下攻)
鞘いつこ:著「望遠 3」
〔あらすじ〕
古い屋敷に二人きりで暮らす、男子校生、国見平(たいら)と、その叔父、束博(つかひろ)。
独自の考え方を持つ平は、道端で見かけた小動物の死骸を写真に撮り、時にそれを部屋にまで持ち込む。大好きな叔父、束博とずっと一緒にいたいがために、どうすればそれが可能となるか、平はいつも考えている。
近頃は、あれこれと考えているだけでペニスが勃起してしまう。平はそれを不思議に思いながらも、大好きな叔父の健康と長寿のためにと、精液を射出する。

BL、シリアス、近親、年下攻め、残酷表現あり。描写はありますが、エロさは少なめ。

————————————————————————————————–

編集部 アレレ蕾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA