シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料携帯小説「幻創文庫」12月4日新作紹介♪

こんにちは、無料携帯小説の幻創文庫です。

12月4日のおすすめ小説をご紹介します。

《官能小説》

◆男性向18禁(痴漢/屋外)
真田リョウ:著「メガネ美人秘書調教日記(2)」
〔あらすじ〕
カフェで見つけたメガネ美人。悪い癖が我慢できずに露出行為に及ぶ。まさかその彼女が得意先の社長秘書だったとは……。

何もなかったかのような対応を示す彼女に、それが人違いだったのかもしれないと思い始める。カフェでくつろぎながら、もう二度とあのメガネ美人の前で露出行為をすることはないだろうと思っていると、美人秘書によく似た女性が姿を現した。

————————————————-

《ボーイズラブ小説》

◆ボーイズラブ(ノンジャンル)
羽邑崇:著「月に叢雲、華に風。 18」
〔あらすじ〕
 昼間の太陽がギラつく晴天の下、歩道橋を一人で昇っていく男の後姿が見えた。
 明るい色のジャンパーを着ている。
 背後から一人、前方から二人、黒っぽく目立たない格好をした男が近づいて来る。
 先に前方の男に気付き、男が立ち止まる。
 退路を探して振り向こうとしたとき、背後の男に気付くが、半秒遅く、次の瞬間には刃渡り二十センチのナイフが男の背中に突き刺さっていた。

 反射的に相手を睨むと、背後の男はニヤリと笑い、男に突き立て背に刺さったままのナイフをグルリと回す。
 男はそれこそグウの音も出ないうちに、その場へ倒れこんだ。

 男は震える手でポケットから煙草を取り出し、血塗れの指で安い百円ライターを取り出した。
 息を切らしながら、少しの間を置いて、男は何度もライターを擦る。
 そしてようやく火の点いた煙草から、ニコチンを一吸いして、男はゆっくりと目を閉じた。

 目を閉じて動かなくなったその男は…… 蒼太だった。

————————————————-

編集部 アレレ蕾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください