シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料携帯小説「幻創文庫」11月25日新作紹介♪

こんにちは、無料携帯小説の幻創文庫です。

11月25日のおすすめ小説をご紹介します。

《官能小説》

◆女性向18禁(レイプ/陵辱)
ごとうひとえ:著「トナリノヒト【後日談】:1話」
〔あらすじ〕
後日談のお話。
本編から数カ月後のいちかと隣人は、いちかの研究室の合宿に参加することに。
アドバイザーとしての隣人は、いちかを振った先輩と衝突してしまい……。

※その後の二人のお話です。

◆男性向18禁(SF/ファンタジー/ホラー)
風乃るり:著「やさしくも恐ろしい魔女~第一話~」
〔あらすじ〕
とある山奥に人どころか魔物すら近づかない、魔女の住む森があるという。
その魔女には2つのうわさがあり、1つはやさしい、もう1つは恐ろしい……
そんな噂に魅入られた一人の男が、ある願いを胸に魔女を訪れたのだった。
はたして、うわさの真実は……!?

《ボーイズラブ小説》

◆ボーイズラブ(ノンジャンル)
羽邑崇:著「月に叢雲、華に風。 14」
〔あらすじ〕
「吟、夜は店開けんでええで、ランチも明日は休みや、一日よう考えてやれ」
「……え、ぁ、はぃ」

 返事をしながら考えた。
 明日、休みにしろと言う事は、蒼太が出て行くのを見送る事も出来ないという事になる。
 急に切なさが胸を締め付ける。

「どうした?」
「ぁの…… 明日、見送りに来てはいけませんか?」

 顔を上げた蒼太は、少し意外そうな表情で吟を見て、直ぐに視線を下げる。
 思うところありそうな静かな声がした。

「永の別れやあるまいし、来んでええ、明日はゆっくり休んどけ……」
「……はい」

 たぶん明日、旭以外の誰にもいて欲しくないのだろう。
 蒼太の短い台詞からそう悟った吟は、同じく静かにそう答える。
 今夜は旭を抱いて眠るのだろう。
 互いの蜜で糸を引くように、愛し合い、そして離れる。

 明日は、もう旅立つのだ……。

————————————————

編集部 アレレ蕾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください