シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料携帯小説「幻創文庫」9月19日新着作品!

こんにちは、幻創文庫です。

今日は中秋の名月ですね。
そんな夜にぴったりな、恋愛小説1作品、ボーイズラブ小説1作品、他1作品をお届けします。
本日の特集参加作品はtakao:著「独占欲~花、想う人 8~」です。この機会に是非ご一読ください。

一般向(歴史/時代)
倉沢はすみ:著「東京探偵小町 第三十八話「繋ぐ心に」 」
〔あらすじ〕
「あなた、自分が死にたいから父さまを殺したって言うの!? 死んでしまいたいから、みんなをあんなひどい目に遭わせたって言うの!?」
「あぁああ、そうだ。さあ、殺せえぇ、殺してくれえぇぇ!」

女性向18禁(純愛/ラブストーリー)
takao:著「独占欲~花、想う人 8~」
〔あらすじ〕
高校三年の春から後輩の辰と付き合ってきた千咲は、幾度か互いの身体に触れ合っているうちに、秋を迎える頃にはすっかり快楽の味を覚えてしまった。

だがまだ、最後の一線は越えていない。辰との未経験の性行為のことばかり考えてしまい、受験を控えた真面目な彼女は淫らな自分を律しようとするが、いよいよ性欲が抑えきれなくなってくる。

そんな折、同じクラスの男子が千咲に――?

ボーイズラブ(ノンジャンル)
羽邑崇:著「華の愛し方 1」
〔あらすじ〕
学生時代の情人兼、自らが率いていた愚連隊の副官だった後輩から、その恋人を奪い取った形になる蒼太は、ようやく得た華である旭を、心から愛おしく思っていた。

旭はずっと自分の傍らで笑ってくれる。
なにがあっても変わる事のない普遍の愛に包まれて、まるで母親の胎内にいる胎児のように安らいでいられる。

自分には一生かかっても手に入るらないと思っていた温もりに触れ、蒼太にとって旭は、唯一侵しがたい聖域となった。
人として望み、得られる最大の幸、なにがあろうとも手放せないモノとなったのだ。

その旭に、魔の手が伸びる。
その時、蒼太は……

編集部 アレレ蕾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください